ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

250年の伝統が息づく「曳山子供歌舞伎」観衆を魅了

800

石川県小松市で上演、稽古の成果を悔いなく堂々と

 日本三大子供歌舞伎の一つに数えられる曳山(ひきやま)子供歌舞伎が、今月11日から13日まで、石川県小松市で演じられた。役者は小学3年生から中学1年生の女子ばかり。2カ月前から稽古(けいこ)を重ね、本番では独特の台詞(せりふ)回しや所作を見事にこなし、力いっぱいの芝居で観衆を魅了した。(日下一彦)

 曳山子供歌舞伎は市内の菟橋(うはし)神社と本折(もとおり)日吉神社の春季例大祭「お旅まつり」の最大の呼び物だ。歌舞伎奉納の歴史は古く、記録では明和3年(1766)にさかのぼり、実に250年を超える歴史がある。旧市街で曳山を持つ八つの町会が、毎年2町会ずつ持ち回りで受け継いでいる。今年は寺町と八日市町が当番町として準備してきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。