«
»

独善性と政治色濃い性教協 足立区立中学での性教育問題

橋本紀子氏

「要領」逸脱を推奨する学者 「慰安婦」紹介する授業も

 3月5日に行われた東京都足立区立中学校の性教育が都教育委員会(都教委)から学習指導要領(要領)を逸脱し課題があったと指摘された問題で、授業を行った教諭は性教育を推進する一般社団法人「“人間と性”教育研究協議会」(性教協)の幹事だった。性教協は都教委に対して、都議会で「学校を指導する」と発言したことの撤回を申し入れるなど、反発を強めるが、性教協とはどのような団体なのか。 (社会部・石井孝秀)

 性教協は先月13日、都内で集会を開き、足立区立中学校で行われた性教育が都教委から調査を受けることになった経緯を報告すると共に、文部科学省に対する要領の見直し要求を行うことなどを確認した。また、発表者として招かれた新潟大学の世取山洋介准教授(教育学)は、約100人の参加者を前に、「教育への不当支配」という観点で今回の事態を解説した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。