ワシントン・タイムズ・ジャパン

全国学力テスト 出題方式変更へ

知識と活用を一体で問う問題に

 文部科学省は16日、小学校6年と中学3年を対象に毎年4月に実施している全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の国語と算数について2019年度以降、基礎知識を問うA問題と活用力を試すB問題の区別を無くし、一体化する方針案を「全国的な学力調査に関する専門家会議」に示し、新学習指導要領の実施を見据えた今後の全国学力調査の検討課題を議論した。

 現在、小学校は国語と算数のA問題を各20分の計40分、B問題を国語、算数の各40分で実施。中学校は国語、数学のA、Bとも各45分となっている。3年に1度実施している理科は、知識と活用力を試す問題を一体にして、小学校は40分、中学校は45分で行っている。文部科学省は国語・数学も理科のように、AとBの問題を一体化させたい考えだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。