«
»

「常に学び、価値ある教師」を目指す

「常に学び、価値ある教師」を目指す

北海道師範塾「教師の道」が冬季講座を開催

 人口減少に伴って今、教育界が変わろうとしている。これまで閉鎖的だといわれた学校は「より開かれた学校」を合言葉に地域や家庭と積極的に関わろうとしている。一方、地域社会もまた、学校を街づくりの拠点として捉え、実りある連携を探っている。こうした中で北海道師範塾「教師の道」(塾頭・吉田洋一氏)は、教師のあるべき姿、教育の質向上を目指し、毎年定期講座を開催している。(札幌支局・湯朝 肇)

 「私は物事、特に難しい問題を考える時、いつも“鳥の目”“虫の目”“魚の目”の視点で捉えるようにしている」。こう語るのは、北海道教育庁学校教育局指導担当局の岸小夜子局長。1月7,8日の2日間、札幌市内のホテルで開かれた北海道師範塾「教師の道」主催の冬季講座で講師に招かれた同指導局長は、現場の教師および教師を目指す若者を前に、現在置かれている教育の現場や改訂される学習指導要領のポイントなどについて話をした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。