«
»

金沢ふるさと偉人館で自画像展「自分を見つめ、自分を描く」

金沢ふるさと偉人館で自画像展「自分を見つめ、自分を描く」

子供たちの個性豊かな力作揃う、金沢市で開催

 水彩絵具やクレヨン、鉛筆、版画、さらにパソコンを使って描いた顔、顔、顔……。金沢市の金沢ふるさと偉人館で開催中の「自画像展-自分を見つめ、自分を描く-」だ。今回で10回を数え、館内には全作品が展示されている。どれも力作ぞろいだ。自分の顔をじっくりと眺めて、それを描くことはほとんどない。それだけに、自分自身を見つめるきっかけにもなっているようだ。(日下一彦)

 同館1階フロアの壁や特設パネルには、子供たちが自由な作風で、思い思いに描いた自身の顔がズラリと並んでいる。画材はさまざまで、これだけ個性豊かな顔が並ぶと実に壮観だ。全国的にも極めてユニークな作品展となっている。今回は市内の保育園児から小中学生まで、昨年より120点多い1455点が寄せられた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。