«
»

日本舞踊を通じて「生きる力」を育てる

日本舞踊を通じて「生きる力」を育てる

都立高校教諭で藤間流師範の高橋由美子さん

 日本舞踊を通じて、子供たちの「生きる力」を育むことに情熱を注ぐ高校教師がいる。東京都立高校の家庭科教諭で、藤間流師範の高橋由美子(藤間聖祥)さん(60)=板橋区常盤台在住=だ。子供たちの居場所づくり、地域での異年齢交流を進める一方、日本舞踊や邦楽に触れる機会を増やしたいと、「子どもたちに日本の伝統文化を見せる会」を立ち上げ、活動の幅を広げている。(森田清策)

 6歳で日本舞踊を始めた高橋さんは、32歳で藤間流師範を取得した。子供の頃は、人の役に立つ仕事に就きたいと、看護師志望だったが、家族からの反対で、大学の家政学部に入学。そこで家庭科の教員免許を取り、私立高校で教えたが、結婚を機に退職した。

 その後、非常勤講師として、教壇に立った。しかし、「責任を持って生徒に関わりたい」と、次女の小学校入学に伴い、猛勉強の末、37歳で都の採用試験に合格した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。