■連載一覧
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2017/12/21
  • 2017/10/25
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 3月, 2013のデータ一覧

    国は被害者の救済体制を 子宮頸がんワクチン接種への意見書

     子宮頸がんワクチン接種で子供たちに重篤な副作用が出ていることへの懸念が高まるなか、多摩市議会は28日、被害者の立場に立ち速やかな補償体制を国が構築することなどを求める意見書を全会一致で採択した。

     「子宮頸がんワクチンの接種事業にあたっては副反応被害者に対する救済体制を整えることを求める意見書」は、まず「本年4月から法制化が予定されている『子宮頸がんワクチン』については重篤な副反応が表面化しており、昨年8月には死亡者も出ている」と指摘。

    0
    続き

    子宮頸がんワクチン接種問題 町田市議会、再考求める意見書を提出

     子宮頸がんワクチンの重篤な副反応が各地から報告されるなか、東京・町田市議会で27日、同ワクチン接種事業の再考と副反応被害者への救済体制整備を求める意見書が提出された。賛成16、反対17の1票差で否決されたものの、今後、地方議会で同様の意見書提出の動きに弾みがつくものとみられる。

    0
    続き

    松浦芳子杉並区議、子宮頸がんワクチン副反応の怖さを啓蒙

     子宮頸がんワクチン接種が原因で、自分の名前も言えなくなるなど重篤な副反応に苦しむ女子中学生(14)が出た東京都杉並区で26日午後、松浦芳子杉並区議が荻窪駅北口などJR中央線の駅頭3カ所で副反応の怖さを啓蒙した。

    0
    続き

    子宮頸癌ワクチン被害者連絡会設立 副反応に無理解な医療に憤り

     都内で子宮頸がんワクチンの重篤な副反応が起きていたことが判明するなか、「全国子宮頸癌ワクチン被害者連絡会」(事務局長・池田利恵日野市議)が25日、都内で設立され、娘が被害を受けた父母5人が記者会見に臨み、副反応に無理解な行政や医療の現状にやり場のない怒りを訴えた。

    0
    続き

    IDの視点、日本にも必要 道徳破壊した進化論

    進化論vsID理論 20年戦争 (13)

     前述したように、数学者ウィリアム・デムスキー博士らの理論展開によって、遺伝情報がデザインされている、つまり“書かれている”と推定できること自体がインテリジェント・デザイン(ID)理論を圧倒的に優位にしているが、もっと直観的によく分かる例がある。

    0
    続き

    議論が起きる余地なし 強固な日本の進化論体制

    進化論vsID理論 20年戦争 (12)

     日本でのダーウィン支配体制は非常に強く、論争が起きる余地さえ与えない。

     そんな日本の空気を象徴するのは、昨年3月8日付日経夕刊の「あすへの話題」というコラムで、和田昭允・東京大学名誉教授が「生命の創造主」というタイトルで書いている記事だ。

    0
    続き

    進化論者、講演招聘に抗議 「栄誉ある市民」が標的に

    進化論vsID理論 20年戦争 (11)

     今回はダーウィン進化論者が、医療で比類なき貢献をした人に恥ずべき行為を行った例を紹介する。

    0
    続き

    世代交代の“時”に実現へ ダーウィン進化論体制の崩壊

    進化論vsID理論 20年戦争 (10)

     20年戦争では査読論文に関してもダーウィン進化論陣営は後退している。

    0
    続き

    元同僚は「理論でさえもない」 ホーキングの多重宇宙理論

    進化論vsID理論 20年戦争 (9)

     ギエルモ・ゴンザレス博士(宇宙生物学)がアイオワ州立大学から追放された事件が象徴するように、宇宙というテーマも20年戦争の“最前線”の一つである。

    0
    続き

    「偶然の過程」の限界指摘 人類の起源に関するID派の本

    進化論vsID理論 20年戦争 (8)

     人類はどこから来たのか――。人類の起源はいかなる人も多かれ少なかれ関心があるが、人間存在の意味と深くかかわるだけに科学の視点からも慎重に扱わなければならないテーマである。

    0
    続き

    進化論側最後の砦が崩壊 ジャンクDNAの機能 続々解明

    進化論vsID理論 20年戦争 (7)

     2011年、ID派生物学者ジョナサン・ウェルズ博士は『ジャンクDNAの神話(The Myth of Junk DNA)』を出版した。

    0
    続き

    検閲、抑圧、そして追放 進化論側がとった戦術

    進化論vsID理論 20年戦争 (5)

     インテリジェント・デザイン(ID)運動が急速に台頭する中、ダーウィン進化論者らがまず取ったのは、ID理論に正式に反論することよりも、「IDは創造論。科学ではない」という偽情報をネットやマスメディアを通じて流すというやり方であった。

    0
    続き

    優れた説明力と合理性 ID派が武装した理論

    進化論vsID理論 20年戦争 (4)

     インテリジェント・デザイン(ID)理論の研究・普及活動を推進するID運動は、『裁かれるダーウィン』の著者、フィリップ・ジョンソン米カリフォルニア大学バークレー校法学教授が1993年夏、ダーウィン進化論に疑義を持つ11人の科学者を呼び集め、米西海岸でセミナーを開いたのが始まり。参加者は後にID理論をリードする科学者たちであった。

    0
    続き

    和解金払うケース増加 裁判闘争での進化論陣営

    進化論vsID理論 20年戦争 (3)

     デイヴィッド・カペッジ氏のジェット推進研究所(JPL)に対する訴訟は敗訴になったが、近年の法廷闘争では進化論・反ID陣営が多額の和解金を支払うケースが相次いでいる。

    0
    続き

    子宮頸がんワクチン接種問題 杉並区の中学生に重篤症例

    「中学入学お祝いワクチン」と銘打って2010年から、子宮頸がんワクチンを希望する中学生に接種してきた東京都杉並区で重篤な副反応に苦しんでいる女子中学生(14)がいることが、13日までに明らかになった。

     この中学生は11年10月に子宮頸がんワクチンであるサーバリックスの2回目(合計3回必要)の接種を指定医療機関で接種したところ、歩行困難と身体の痛み、痺れで車いすでの生活を強いられ、一時期は自分の名前さえも言えない状態になるなどした。

    0
    続き

    「ID支持」知った後 激変 JPLの上司の態度

    進化論vsID理論 20年戦争 (2)

     ジェット推進研究所(JPL)のベテラン技術者デイヴィッド・カペッジ氏が差別を受けたとして同研究所を相手取り提訴する発端となったのは、同氏が職場でインテリジェント・デザイン(ID)理論について同僚と話し、同理論を解説したDVDをその同僚に貸したことである。

    0
    続き

    ID支持の技術者を差別 NASAの研究所

     ダーウィン進化論をはじめとする唯物論科学の代替理論として注目されているインテリジェント・デザイン(ID)理論。米国で同理論による科学革命運動(ID運動)がスタートして今年夏で20年の節目を迎える。進化論側との闘いは依然熾烈だが、ID運動は着実に成果を上げてきている。(編集委員・原田 正)

    0
    続き

    普天間でMV22オスプレイが公開

     昨年10月、米海兵隊の普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備された新型輸送機MV22オスプレイとフライトシミュレーター(模擬訓練装置)がこのほど、本紙など一部メディアに公開された。 オスプレイは在沖米軍(第3海兵遠征軍)の傘下の第1海兵航空団第36海兵航空群第265海兵中型ティルトローター機(傾斜式回転翼)中隊に所属する。同隊はオスプレイ配備に伴い改編された部隊で、「ドラゴン」の愛称を持つ。

     胴体部分(キャビン)は新品らしい匂いがする。座席はベンチ式ではなく一人掛け式で、長距離移動もそれほど苦にならないだろう。25人が着席できる。操縦室(コックピット)には五つの液晶画面があり、操縦は自動飛行操縦システムを採用するなど、最新鋭の技術が駆使されている。

    0
    続き

    震災は漁業新生のチャンス 政策研究大学院大学教授小松正之氏

    講演要旨

     東日本大震災によって沿岸漁業は壊滅的な打撃を被った。宮城県では復興特区法に基づく復興推進計画を進めているが、漁業者らの反発が強い。小松正之教授は、仙台市で開催された海花東日本復興の会設立1周年講演会で「復興には個別割当の導入と漁業権の改革が必須」と語った。その講演要旨を紹介する。(市原幸彦)

    科学的な資源管理を/民間企業との連携が必要

    0
    続き