«
»

拉致問題にも重大な時、河野外相はバッジ着用を

yamada

 河野新外相の評判は悪くない。8月上旬、マニラの東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会議の折、居丈高な王毅・中国外相に毅然(きぜん)と対応したことなどは、◎だろう。だが、一つ注文させていただきたい。

 北朝鮮の「水爆」実験で、米朝チキンレースは、最終コーナーを回りつつある。金正恩委員長は、核とミサイル実験に夢中だが、いつトランプ虎の尾を踏むか、かすめるか。

 そんな緊張の中、「日本人拉致問題の解決が更に遠のく」と懸念する声も多い。しかし、西岡力・拉致被害者を救う会会長らは、解決の好機到来の可能性があると分析する。2002年、金正日総書記が日本人拉致を認める譲歩をした。それは、当時のブッシュ米政権が、対米合意に反し核開発を続けた北朝鮮に激怒し、軍事攻撃も辞さない強硬姿勢を示した時であり、その攻撃圧力を日本という“中和剤”を用いてかわすためだった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。