«
»

米欧・韓国の選挙 外国の介入に懸念

yamada

 昨年11月の米国から今月のフランス、韓国まで、注目の大統領選挙が終わった。欧州では12月のオーストリア大統領選、3月のオランダ総選挙もあった。

 米欧選挙の勝敗因は、失業、移民・難民、テロ、白人貧困層の不満、反グローバル主義など、いろいろ指摘されてきた。

 私は、かつてパリで、日本の駐仏大使から聞いた話も思い出した。大使は、ニューヨーク総領事時代はキャデラック、パリではベンツと最高級車に乗っていた。車が人混みを通る際、米仏市民の視線の違いを感じた。米国では「いいなあ。自分もいつか乗れるようになりたい」と積極視線だが、階層社会のフランスでは「別世界のおエライさんの車。早く行ってしまえ」と、消極反応だったというのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。