«
»

米国務省の人権報告、日本の報道は圧迫されているか

yamada

 メディアには森友学園問題追及があふれ、安倍政権支持率も多少下げた。それを見ると、先ごろ公表された「世界各国の人権問題に関する米国務省報告」2016年版の「日本の人権問題」指摘の一部に、強い異論を唱えたくなる。

 報告は、日本が抱える人権問題として10項目程を挙げている。うち9項目は、前年とほぼ同じで、不適切な拘留手続き、貧弱な刑務所や拘置所施設、難民申請者の拘留、家庭内暴力、職場での女性差別、セクハラ、子供搾取、人身売買、障害者や同性愛者や少数民族などへの差別。だが、あと一つ新規登場したのが「報道の自由への懸念」だ。

 報告は言う。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。