«
»

恋文と女性蔑視の差、どうなる米大統領の器とダチョウ

yamada

 世界には、米国に再び「世界の警察官」を務めると言ってほしい、との声も強い。例えば、ラスムセン前北大西洋条約機構(NATO)事務総長は最近の米紙で、オバマ政権がそれを放棄したから、中東、ロシア、中国、北朝鮮など重大問題を生んだとし、「自由世界の先頭に立ち、独裁者やテロリストやならず者国家と対決する米大統領が、絶対必要だ」と訴えた。

 だが、今や超低レベルの米大統領選のキーワードは、「ミス子豚」、女性蔑視、対立候補の夫の元大統領の女性問題である。

 そんな折、故ミッテラン仏大統領が、死直前の1995年までの34年間、愛人に書き送った1218通もの恋文が出版される。名文家と言われた人だけに、最後の手紙の「あなたは私の人生の幸運だった」まで、感動的な表現がいっぱいのようだ。

 ミッテラン氏の文章重視ぶりには、私も感じ入った思い出がある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。