«
»

中国ワクチン外交、途上国でホームランとなるか

yamada

 2021年。新型コロナという“鬼”に対し、ワクチンが強力な“鬼滅の刃”になり得るか。私たちの関心の的は米欧のワクチンだが、忘れてならないのがまた中国。世界各地で中国製ワクチンによる「ワクチン外交」を展開しているからだ。

 昨年11月末以後、まずブラジル、インドネシア、エジプトなどに大量の中国製ワクチンが到着し、拍手や感謝の言葉に迎えられた。拍手と感謝は、11月末に中国・南寧で開かれた中国ASEAN(東南アジア諸国連合)博覧会で、習近平国家主席が演説した時も同様だった。「コロナ・ワクチンは国際公共財。皆に接種を」との立場で、その提供には「ASEAN諸国の要望をしっかり考慮する」と強調したのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。