«
»

2020年の世界 理解し難い変なこと

yamada

 今年、世界で起きた変なことを六つ選び、主観的にコメントしたい。

(1)「米大統領選の大混乱・弟子も泣きたくなる」

 トランプ候補に投票した者の73%が「不正選挙でなければ勝っていた」と信じているとか。選挙後そんな大きな不信と争いが続くなんて「民主主義の反面教師」だ。

 トランプ側が文句を付けたのは、郵便投票の不正、受付期限不法延長、選挙立会人や開票所でのインチキなどなど。米国ともあろうものがなぜそんな選挙管理のイロハで、文句の余地がないよう、きちんとできないのか。

 日本は米国を民主主義の師と思ってきたから、“ドタバタ劇”を見ると悲しい。中国やベラルーシは大喜びだろう。

(2)「武漢・情報隠蔽(いんぺい)からショーウインドーへ」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。