«
»

広がる心のディスタンス

yamada

難民をコロナが一層苦しめる

 6月20日の世界難民の日を前に、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が年次報告を公表した。昨年、「居住地を追われた人々」は7950万人(一般難民2040万人、パレスチナ難民560万人、国内避難民4570万人など)。前年の7080万人から大幅に増え、20年前の3・6倍で、UNHCR史上最高記録という。だが内外メディアの扱いは近年最小だった。新型コロナで大忙しのためだろう。

 6月8日、マレーシアは小船で漂流していたロヒンギャ難民269人を拘束、24日にインドネシアも94人を救助した。ミャンマーを逃れ、バングラデシュのキャンプに収容されていた難民たち。キャンプも過密、過酷で、今年1月以後、密航業者になけなしの金を払い、新天地を求めて小船で乗り出す脱出行が相次いだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。