«
»

コロナで問われる報道の自由

yamada

抑圧は論外、人命最優先を

 もし中国に報道の自由があったなら、世界的コロナ大感染は多分起きていなかっただろう――国際NGO「国境なき記者団」(RSF)は、感染の経過やシミュレーションの研究などをもとにこう主張している。

 英サウザンプトン大学研究班の解析では、中国政府が1月20日にとった初動対策が2週間早かったら、中国での感染が86%も減少した可能性があるという。

 確かに、メディアがより早く自由に報道できていたら、今ごろ世界は笑顔いっぱいかもしれない。

 報道不自由でのさばったコロナが、更にまた報道を不自由にしている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。