«
»

世界を変えるコロナ、中国が覇権大国へ前進する?

yamada

 新型コロナウイルス感染が約200もの国・地域で激増し、世界大コロナ火災の様相を呈してきたが、そんな中で中国は外交・援助・宣伝の強力キャンペーンを展開し、覇権大国に向かって歩を進めているという。“出火元”の中国は威信が低下して当然のはずなのに。

 2月まではその低下感が表れていた。

 中国は世界保健機関(WHO)に圧力をかけてパンデミック(世界的大流行)宣言を遅らせ、出入国禁止・制限措置など不要と言わせ続けた。中国に対しその措置を決定した米国を非難し、他国にもそんな決定をやめるよう求めた。だが、中国の求めもWHOの楽観姿勢も無視して、2月中旬までに80もの国・地域がそれを決めた。

 また、WHO会議に台湾の専門家の参加を認めよとの米日英などの主張に、中国は抵抗できなかった。さらに「世界知的所有権機関」(WIPO)の事務局長選びでも、中国の候補が負けた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。