«
»

未来を信じるエネルギー、アフリカと日本の若者の差

yamada

 年末、役員を務めるNGOで奨学生選抜の面接をした。難民その他訳あり外国人学生への奨学金だが、中国残留邦人帰国者の孫の大学生に人生目標を尋ねたら、胸を張って答えた。「立身出世です」

 子供の時から在留していても、日本人の若者から全く聞かれない“半死語”を堂々と唱える。その中国人パワーに圧倒された。

 かなり前の「英語を学ぶ動機」の日中比較調査結果も思い出した。日本では「外国旅行や外国人に道を聞かれた時などに必要」という答えが上位だが、中国では「出世」「金」「親孝行」が大半だった。

 そこで新年に各国の若者の将来目標や希望を比較したくなり、一昨年来公表された内外の世論調査を調べて改めて驚いた。数カ国調査で「日本がビリ」がいかに多いことか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。