«
»

グレタ旋風と中国機関車、気候変動対策はどう進むか

yamada

 16歳の少女、グレタ・トゥーンベリ旋風が吹きまくり、81歳の女優ジェーン・フォンダが米国会議事堂に毎週座り込んでは逮捕される。

 デモがいっぱいの今年。中でも地球規模で加速、拡大したのが、気候変動対策の遅れに抗議するデモだった。

 9月に国連気候行動サミットが開かれたが、温室効果ガス3大排出国の中国、米国、インドからガス削減国家目標の促進計画は示されない。米国は国際的枠組み「パリ協定」離脱を正式に通告した。

 来月2日からCOP25(気候変動枠組み条約締約国会議)がマドリードで始まる。だが、今の調子では世界の平均気温上昇を産業革命前から2度、できれば1・5度未満に抑えるというパリ協定の目標は、遠のく一方だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。