«
»

紛争で子供の犠牲が増大、でも世界は鈍感になっている

yamada

 グテレス国連事務総長は8月、「子供(17歳以下)と武力紛争」年次報告を安保理に提出した。昨18年の状況をまとめたものだが、「世界20カ国で条約と議定書の重大な違反(戦火による殺傷、子供兵士の使用、性的暴力、拉致、学校や病院への攻撃など)が2万4000件以上も起き、子供の死傷が(06年にモニター開始以来の)最高に上った。政府組織や国際軍による違反も驚くほど増加している」と強い懸念を表明した。(以下は全て子供だけの数字)

 アフガニスタンでは戦火による死者927人(09年以来最多)、身体障害が残る重傷2135人。民間人死傷の28%が子供だ。44%がタリバンはじめ武装勢力、34%が政府軍など、9%が外国軍による。学校や病院への攻撃も増え254件に上った。

 シリアは死者1106人、重傷748人。6割以上が政府軍側による。学校・病院攻撃は225件で11年の内戦開始以来最多である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。