«
»

弔い合戦の歴史戦、北方領土の主権は譲れない

yamada

 先日、中村登美枝さん(92)の訃報を受けた。

 2次大戦終戦の1945年、19歳の中村さんは朝鮮北部に侵攻したソ連軍に追われ、朝鮮最北端から10カ月かかり38度線にたどり着く。途中で両親が死亡、3~16歳の孤児12人(途中合流も多く最後は約50人)を引率しての大逃避行だった。

 避難民にとり最大の恐怖が、銃を手に「女を出せ」と押し掛けるソ連兵の婦女暴行と略奪。中村さんも途中の避難民収容所にいた際、ソ連兵に強制連行されかけ、避難民仲間が傍の寺の鐘を大音声で鳴らし、危機一髪助かった。実際に収容所から連行され、翌日返された女性たちがその夜中に自殺した。多い時は毎夜2~3人も。「多くが便所近くで石油缶を足台にし、ポーンと蹴って首を吊(つ)った。缶が転がってカラカラカラーンと音を立てる。深夜それが聞こえるとああまたと判(わか)りました」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。