«
»

ノーベル平和賞決定と日本、戦後70年談話が泣いては困る

yamada

 今年のノーベル平和賞受賞者は、紛争下の性暴力と闘ってきたコンゴ民主共和国のデニ・ムクウェゲ医師と、イラクの少数派ヤジディ教徒の女性、ナディア・ムラドさんに決まった。内戦状態の国で4万人以上のレイプ被害者を助けた医師と、自身を含む同教徒数千人が、過激派組織IS(イスラム国)の性奴隷にされた事実を世界に訴えてきた女性と。

 このニュースを朝毎・東京新聞は超大扱いで報じた。日本の慰安婦問題の「加害の歴史」に言及した記事もあった。左派が受賞を大歓迎するのは分かる。だが、政府や保守派も、この受賞の意味と影響をしっかり受け止め、世界と日本のため決意を新たにすべきではないだろうか。

 私は以前本欄でナディアさんのことを書いたし、2人の受賞を高く評価したい。だがそこで思い出すのは、2015年の安倍首相の戦後70年談話の中の次の宣言である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。