«
»

スポーツ支援も含めて 東京五輪の真価が決まる

yamada

 今月千葉で行われた世界女子ソフトボール選手権の予選で、アフリカ代表のボツワナは全7試合コールド負けした。総失点97、得点1。そのチームに日本人コーチ、中村藍子さんがいた。元選手で昨年初めから現地で指導している。

 ボツワナはかつて、エイズウイルス感染率世界一だった。2001年の成人推計感染率は実に38・8%。平均寿命は1980年の58歳から01年の38歳に降下した。その後改善されたが、そんな小国で中村さんらの指導でソフトボールが国民的スポーツとなり、アフリカ一となった。でも世界の壁は高い。

 だが真剣試合の大敗は糧となる。以前の国際卓球大会で、アフリカ選手にわざと緩い“友好球”を打つ中国選手がいた。糧になり得ない。

 欧米や日本で、アフリカ出身選手が高い身体能力を示し、マラソンなどで活躍している。だがアフリカ・スポーツ全体は困難を抱え、レベルも普及度も容易に高まらない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。