«
»

米朝首脳会談後、アジアの人権は厳冬期入りか

yamada

 米国は米朝首脳会談で、北朝鮮の人権問題をなるべく口にしない暗黙の約束をしたようだ。人権抑圧非難などで体制を揺さぶらないことも「安全保証」の一部なのか。トランプ大統領は「素晴らしい人柄」「国民に愛されている」などと金正恩・党委員長を褒め、人権問題は北だけではない、別の目的が優先でそうかかずらえないと言い、一定のお墨付きを与えてしまった。心配である。アジアの人権問題はどうなるだろう。

 今後、米公的出資の宣伝放送「自由アジア放送」などにも、自粛ブレーキがかかるのだろうか。韓国はすでに、北への風船飛ばしなど人権団体や脱北者の活動への規制を強めている。中朝国境の脱北者摘発も一層厳しくなりそうだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。