«
»

「日本の国防」を説く高著

 先ごろグッドブックスから出版された色摩(しかま)力夫氏の著書『日本の死活問題』が自宅に送られてきた。

 色摩氏は、仙台陸軍幼年学校を卒業後、陸軍予科士官学校の時に終戦を迎えられた。戦後は東京大学を卒業後、外務省に入省され、外交官として各国の大使などを歴任された人物だ。

 私は色摩氏の著書は、過去に何冊か読んだことがある。今回出版された『日本の死活問題』では、「戦時国際法」「国際連合」「日本国憲法と自衛隊との関係」を47の項目に分類し、それぞれの項目を4ページにまとめられており、大変読みやすい内容となっている。

 色摩氏は「はしがき」で「私たちが戦争と平和を語ろうとするならば、『戦時国際法』の基礎知識は必要です。これを欠いては、万が一の場合に、軍隊のみならず一般国民も、知らないうちに戦時法規違反の戦争犯罪人となってしまう恐れがあります」と述べられている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。