«
»

安保法反対者の共通点

 あの騒ぎは何だったのか。安全保障関連法案が参議院で9月19日に成立して以降、安保法案に反対していた学生や市民団体の活動がおとなしくなった。

 一時は学生団体「SEALDs(シールズ)」の中核メンバーである奥田愛基氏を朝日新聞などは持ち上げ、紙面にもたびたび登場させていたが、最近はほとんど姿を見ない。

 安保改定(闘争)、PKO法案、有事法制、そして、今回の安保法案の反対者に共通するのは、ろくに法案の中身を読みもせず、反対していた人たちが大多数であるということである。

 奥田氏にいたっては、月刊『文藝春秋』11月号の中で、著述家・古谷経衝氏と対談をしているが、発言内容を読んで唖然とした。

 奥田氏の発言は以下の通りだ。

 「自衛隊は軍隊ではないので、海外で捕虜となった場合には、国際法が適用されず、自衛官は危険にさらされることになる。安保法案の成立によって、一段と海外での自衛官の危険が高まった」。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。