«
»

組織改編進む陸上自衛隊

 陸上自衛隊には16の職種がある。普通科、機甲科、野戦特科、高射特科、施設科、航空科、武器科、通信科、需品科、衛生科、輸送科、化学科、警務科、音楽科、会計科、そして、平成23年3月に新たな職種として情報科が加わった。

 各職種には、それぞれに専門的な教育や調査研究を行う学校がある。

 4月1日、新たに情報に関する専門的かつ実践的な教育を一元的に行う情報学校が富士駐屯地(静岡県小山町須走)に創設され、関係者が出席するなか、式典が行われた。山崎幸二陸上幕僚長は「情報の強化なくして陸上自衛隊の未来はない。情報のメッカたれ」と訓示。さらに「サイバー・電磁スペクトラムなど新たな領域への対応や人工知能(AI)など技術の急速な進展を踏まえ、既成概念にとらわれない、未知への開拓精神を持った調査・研究に心掛けよ」と述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。