«
»

「いずも」空母化の抑止効果

 防衛省は昨年12月、海上自衛隊最大のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」を、戦闘機の発着が可能な護衛艦(空母化)に改修する検討に入った。

 「いずも」は平成27年3月に就役した海自最新鋭護衛艦で、全長248メートルの全通式甲板を備え、ヘリコプター14機が搭載可能だ。

 海自幹部によると、甲板の塗装を変えて耐熱性を上げるなどの小規模な改修で、戦闘機の発着は可能だという。昨年3月には、同型2番艦として「かが」も就役しており、同時に「かが」も改修すべきである。

 海自が「いずも」に搭載を検討しているのは、米海兵隊最新鋭ステルス戦闘機F35B。同機は、短距離の滑走で離陸し、垂直着陸できるため、短い滑走路での運用や艦載に適している戦闘機だ。

 航空自衛隊は、既にF35Aの導入を決めている。加えて、F35Bの導入も検討しており、将来的には空自のF35Bを「いずも」に搭載し、作戦運用する構想も浮上している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。