■連載一覧
  • 令和参院選 注目区を行く
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 2019/7/11
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家

    中国版「猿の惑星」と禁じられた実験

     海外中国メディア「大紀元」日本語版(4月12日)は、「科学分野の中国最高学府である中国科学院昆明動物学研究所は最近、米ノースカロライナ大学など複数の研究チームとともに、ヒトの脳の発達に重要な役割を持つマイクロセファリン(MCPH)遺伝子の複製を導入したアカゲザル11頭を誕生させた」と報じた。

    262

    映画「猿の惑星」のポスター

     実験の結果、MCPH1遺伝子の複製を移植された猿は、ヒトの脳と同様に脳の発達速度が緩やかになり、MCPH1遺伝子を組み込まれた猿は野生の猿と比較すると、短期記憶能力が向上したという。中国科学院は、「ヒト起源およびヒト特異的脳疾患(アルツハイマー病など)を研究する上で重要な価値を持っている」と、実験の意義を強調している。

     このニュースを読んで、当方は直ぐに映画「猿の惑星」を思い出した。中国共産党政権は猿に人間のMCPH1を埋めこみ、人間のように進化した大量の猿を生産し、「猿の軍隊」を創設する計画ではないか、と考えた。

     名優チャールトン・ヘストンが主演を演じる映画「猿の惑星」(1968年公開)はオリジナルのピエール・プールのSF小説「猿の惑星」とは少し違う。4人の宇宙飛行士は人間より知性の発達した猿が人間を奴隷としている惑星に不時着する。その「猿の惑星」は実は人間が核戦争を起こし、荒廃した地球だったというストーリーだ。いずれにしても、登場する猿は人間並みか、それ以上の知性を有する存在として描かれている。

     中国科学院の学者は多分、米国映画「猿の惑星」シリーズのファンだろう。中国共産党政権は将来の少子化を見越し、中国人民軍に代わって猿の軍隊を創設し、世界の紛争地に派遣するという野望に燃え、学者たちに人間の遺伝子を猿に移植するように奨励しているのではないか。

     共産主義政権下では科学者はフリーハンドで自身が考えている計画を制限されることなく実験できる。遺伝子操作の赤ちゃんを誕生させるなど、欧米科学者たちにはできない実験を中国の科学者たちは意欲的に実施している。人間遺伝子を猿に組み入れる実験はその代表的な例だろう。それに対し、実験の信頼性ばかりか、倫理道徳の観点から中国科学院の猿の実験に対しては当然、批判の声が出ている。

     中国科学院と連携したノースカロライナ大学のコンピューター科学の専門家マーティン・ステイナー氏は、「この研究は、米国では実施不可能だ。研究そのものの問題と、動物への処遇について疑問がある」と正直に語っている。同氏は、「科学実験をする際、私たちはそこから何を学びたいのか、そしてそれが社会の助けになるよう行動するが、この実験はそうではない」と実験の目的が別のところにあることを示唆している(大紀元)。

     それに対し、中国科学院の今回の実験の発起人・宿兵氏は「遺伝子移植の猿をもっと多く造り出し、別のヒト特有の遺伝子『SRGAP2C』を移植した猿を繁殖させる」と述べ、人間の遺伝子を猿に移植する実験を拡大していく意向を明らかにしている。

     例えば、再生医療分野でも厳しい倫理規定があり、一つ一つの安全性が確認されない限り、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を人体に移植できない。しかし、中国ではそのようなハードルがない、というか、無視されるケースは多い。

     国際社会は中国の科学実験に対して厳しい監視の目を注ぐ必要性がある。共産主義思想の恐ろしさは人間を“単なる物質の塊”に過ぎないと考える点にある。法輪功メンバーから生きたまま臓器を移植するという考えられないことが中国では白昼堂々と実施されているのだ。あれもこれも、共産主義思想の世界観、人間観にある。繰り返すが、中国共産党政権は、科学・医療分野で欧米諸国を乗り越えて世界を支配したいという野心から、科学者が禁じられた実験を繰り返すことを許しているのだ。

     当方はこのコラム欄で「人間の『魂』の重さは2・5グラム」(2019年4月2日参考)という記事を書いたが、その中で「21世紀の最大の科学的課題は魂の所在地を明らかにすることだ」と述べた。中国科学院は欧米科学者と共に、人間をして、人間としている「魂」の所在を発見するために努力すべきだ。「猿の軍隊」を創造する以上に、価値のある試みであることは間違いない。

     ドストエフスキーの小説「カラマーゾフの兄弟」の主人公、イワンが、「神がいなければ全てが許される」と呟く個所がある。中国科学院の今回の実験はまさにそのような思いを深める。誰も禁じられて実験を停止すべきだとはいわない。実験でどれだけのメリットが生まれ、役に立つかだけが問われるのだ。ひょっとしたら、中国共産党政権の社会だけではないかもしれない。ワイルドな資本主義社会でも程度の差こそあれそのような無謀な実験や試みが秘かに行われているのではないか。中国版「猿の惑星」を想起させる今回の実験はその意味で人類全てに対する警告と受け取るべきだろう。

    (ウィーン在住)

    3

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。