«
»

コロナ起源で専門家対立 70%は研究所流出を支持

ビル・ガーツ氏

 新型コロナウイルスの発生源を突き止めようと米政府機関が協力して立ち上げた科学者と医療専門家らで作るタスクフォース内で意見が対立、政権交代を間近に控え、結論を公表するかどうかをめぐる議論が暗礁に乗り上げている。

 このタスクフォースの内部対立に詳しい筋の話によると、メンバーの専門家らの70%は、ウイルスは中国湖北省の武漢ウイルス研究所にある医療研究施設からミスによって流出したと判断し、発表すべきだと考えている。

 3週間にわたって秘密協議がタスクフォースで実施されてきた。

 問題は、米政府が公式に、中国を新型コロナの発生源に指定し、中国政府に責任を取らせるかどうかだ。中国は、感染拡大への対応や隠蔽(いんぺい)に対する批判を逸らそうと世界的な宣伝戦を実施してきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。