«
»

中国軍事専門家が南シナ海の米艦へ電磁攻撃を

ビル・ガーツ

 中国の軍事専門家が、中国軍は殺傷力のない電磁パルス兵器、レーザー兵器を使用して、南シナ海から米艦艇を排除すべきだと訴えていることが明らかになった。中国共産党系の環球時報が17日、報じた。

 中国軍ミサイル部隊に所属していた軍事専門家の宋忠平氏は、中国軍は、電磁パルス兵器などの先進兵器で、米艦艇の航行に対抗することが可能だと指摘。通常兵器を使用したり、2018年のように米艦への体当たりを試みたりすることは、武力衝突を引き起こす可能性があり、いい方法とは言えないと指摘した。

 中国軍は先月、グアム近海で米軍の対潜哨戒機P8にレーザーを照射するという危険な行動を取ったばかり。2年前には、アフリカ・ジブチの中国軍基地から米軍の輸送機C130がレーザー照射を受けた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。