«
»

新型肺炎 中国軍の生物兵器専門家が移動実験室設置し対策主導

ビル・ガーツ

 中国軍の生物化学兵器専門家の女性少将、陳薇氏が1月末、生物兵器の研究に関与していた可能性が指摘される湖北省武漢の「武漢ウイルス研究所」に送り込まれたことから、新型コロナウイルスと同研究所との関連をめぐる疑念が強まっている。

 陳氏は、生物化学兵器防御の「中国一の専門家」とされ、2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)、その10年後に起きたエボラ出血熱の封じ込めにも取り組んだことで知られている。1988年に中国軍に入隊、軍医学研究所で博士課程を修了し、バイオ・ハザード予防対策計画専門家チームのリーダーも務めている。陳氏は、武漢に移動式実験室を設置、7日に活動を開始した。

 その一方で中国は、世界保健機関(WHO)、米疾病対策センター(CDC)の対策チームが、新型肺炎への対応に参加するのを阻止し続けている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。