«
»

124カ所にウイグル強制収容所 反体制組織調査

ビル・ガーツ氏

中国、軍施設に火葬場建設か ホロコーストの再現懸念

 中国政府は西部の新疆ウイグル自治区でウイグル族弾圧のため、少なくとも124の強制収容所、数百の強制労働キャンプ、刑務所を設置していることが、ウイグル族反政府組織の調査で明らかになった。

 ウイグル独立のために活動する「東トルキスタン国民覚醒運動」が、商業衛星写真を利用した情報収集と、自治州内の住民からの報告をもとに9カ月かけて行った調査によると、自治区内で新たな収容所が設置されている。

 収容所建設は、監禁、強制的な思想教育によって独立運動、反政府活動を鎮圧するための中国共産党の計画の一環。

 22カ国の代表が10日、人権理事会など国連の人権機関に書簡を提出、中国西部での人権抑圧を停止するよう求めたばかり。日本、オーストラリア、カナダ、英仏独など欧州各国が署名した書簡は、「新疆でのウイグル族など少数派に対する大規模収容所への恣意(しい)的な拘束、広範囲に及ぶ監視と制限」に懸念を表明した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。