ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

「無意識に聞いてみよう」

 長湯が好きではないのに、先日知人に誘われて、珍しく温泉に行った。知人は十分長湯をしたが、私は一つだけ、バブルの噴き出る浴槽に入って、10分ほど浸かった。

 せっかくの温泉だから何も考えずボーっとしていたいと思っても、どこからどうやってくるのか分からない、あてどもない想念が浮かんでは消えていく。その時の想念の一つが、少し前に読んだ最近の脳科学の知見の一節。

 「意識は幻覚で、本当の『わたし』は無意識である」

 「そうかも知れない」という気がします。

 例えば、目の前に水の入ったグラスがある。のどが渇いたので、そのグラスを手に取って水を飲む。

 ふつうには、のどが渇いて、「水が飲みたい」という意思が働き、その意思に促されて手がグラスに伸び、水を飲む、と考えるでしょう。ところが、この行動を脳波計で測定すると、「のどが渇いた」と感じてから手が動き出すまで、平均して0.2秒かかるが、運動の制御に関わる脳の補足運動野は0.55秒前に活動を始めている。つまり、「水を飲みたい」という意思が生じる0.35秒前に、「グラスに手を伸ばせ」という指示が筋肉系に出されている、ということです。

 分かりやすく時系列に並べ直すと、

① 「グラスに手を伸ばせ」との指示がしかるべき脳の個所から筋肉系に発信される。

② その0.35秒後に「のどが渇いた、水が飲みたい」と感じる。

③ その0.2秒後に手がグラスに向けて伸びる。

 意識が働き始めるのは、②から。その0.35秒前から動き始める活動は、意識が関与していない。それを「無意識」というのでしょう。

 無意識の世界で「水を飲め」と指示を出すので、その直後に、意識が「水を飲みたい」と思う。

 ふつう我々は、意識としての「わたし」が意思によって欲し、意思によって考えている、と思っている。しかし脳科学の知見からすれば、本当は無意識が意識を動かしている(意思を起こしている)と考えざるを得ない。それで、意識は幻覚に過ぎず、本当の「わたし」は無意識だというわけです。

 そもそも、無意識と意識が扱っている情報量には、桁違いの開きがある。例えば、視覚(視神経)は1秒当たり1000万以上の信号を受信し、脳に送信しているというのに、人が意識的に処理できる刺激は1秒当たり最大でも40要素に過ぎない。(なんと、25万分の1!)意識が処理しきれない大半の情報は、無意識が処理していると思われるのです。

 その処理能力に格段の開きがあるので、意識は無意識にほとんどアクセスできない。1000万の情報の中から40ばかりを受取った意識は、それが「わたし」だと思って、哀れなほど貧弱な情報だけをもとにして感じたり、考えたりしているに過ぎない。

 意識は無意識をコントロールできないが、無意識は意識をコントロールできる。しかし、意識は自分がコントロールされているとはつゆ思わず、「この意思は私の意思であり、この判断は私の判断である」と思い込んでいる。

 バブルジェットに背中を心地よく叩かれながら、「意識ではなく、無意識で考えられないものか」と試行錯誤してみても、やはり意識からは無意識にアクセスできない。

 無意識にアクセスしようとすれば、意識自体をなくすしかないようです。あらゆる瞑想の手法は、結局これを目指すものでしょう。それはつまり、本当の「わたし」にアクセスしようとする試みです。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。