ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

善悪二元論国、一元論国

 私たち日本人には、本来、善悪二元論はなじまないのではないでしょうか。
 悪の中にも善があり、善の中にも悪があると考える。
 ですから芥川龍之介の『蜘蛛の糸』に出てくるカンタダがいくら極悪人であっても、お釈迦様がこれを助けようとしたと聞けば、「ああ、なるほど」と素直にその物語に納得します。
 ところが善悪二元論のもとでは、そうはならない。
 悪はどこまで行っても悪です。
 そこに情けはありません。

tenshi_akuma_man

 月刊誌「玉響」は、毎月愛読させていただいている雑誌です。
その「玉響」の2017年10月号(今月号)に、日本弥栄の会の中矢代表と、オノマ・A・ソテリアさんという、ギリシャ生まれで、イタリア、インド、イスラエル、アラブ首長国連邦、アメリカ、スイス、フランス、そして日本で育った、まさに国際人そのものの人物との対談が掲載されています。
 このオノマさんは、なんと日本語、英語、フランス語、ヘブライ語、ラテン語、ギリシャ語の読み書きに通じ、日本語では、何と古典まで読破されるという、いわば超人です。

 対談の内容は、キリスト教から水戸学、古事記、日本書紀、お香など多岐に渡るのですが、そのなかで、ひとつ、なるほどと注目した視点が、
「善悪二元論か一元論か」という論考です。

 ペルシャのゾロアスター教では、善と悪の二元論を用います。
 そこから発展して、キリスト教もまた二元論となったわけで、その結果、現代においても彼らは常に善と悪とを区別しようとする傾向があります。

 これについて中矢代表が次のように述べています。
 「日本人の場合、どこか敵に対して憐憫の情を抱いたり、敵の立場を慮(おもんばか)ったり、二元論というより、一元論的に考えます。(中略)
すべてにおいて二元論的思考が西洋人の考え方にあって、例えば神の世界とこの地上界というのも、二元論的な感じで考える。
 日本人は一元論的に見るから、自然と私たち人間の境があまりないというか、一体化しているところもあると思うのです。」


「大和心を語るねずさんのひとりごと」ブログより転載
http://nezu621.blog7.fc2.com/

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。