«
»

沖タイが敵前逃亡!「報道の編成方針は各社の判断」、民放連トップの井上弘TBSテレビ名誉会長がコメント

 沖縄タイムスは、新聞の基本である裏取り取材をせず、FMラジオ「沖縄防衛情報局」を「放送法に疑念がある」など独善的判断を下し、悪意あるバッシング記事で社会面トップを飾った。

 「放送法」によると放送内容に関し視聴者のクレームが多数有った場合、当局(第三者機関)に届けをだし、同機関の意見を尊重するように、とのこと。 だが、あくまで自主規制であり、編集は放送当事者に委ねられる。

 沖縄タイムスが「沖縄防衛情報局」の内容に疑義を感じるなら真っ先に第三者機関に裏取り取材をし、同機関の「お墨付き」を得てから、改めて「放送法違反の疑い」などの報道をするべきである。

 ところが沖縄タイムスは、裏取りを怠ったまま、独断であたかも「放送法違反」であるかのようなバッシング報道に踏み切った。

 そこで、当日記に「第三者機関」への裏取り取材を怠ったと指摘されるや、翌日の社説で運営会社のオキラジに攻撃の矛先を変え「(オキラジは)第三者機関に問い合わせせよ」などと責任転嫁する有様だ。

 おそらく、「正す会」の我那覇真子代表にバッシングを続けるとネットの猛反撃を喰らい怖気付いたのだろう。

 本日の沖縄タイムスには「沖縄防衛情報局」へのバッシング記事は一行も無い。

 この程度の反撃で敵前逃亡とは、全国に恥曝しをしたことになる。

 沖縄タイムスの魂胆は「放送法の法令順守」などの」キレイごとではない。自社のデタラメ報道を批判する我那覇親子が許せなったからだ。

 その証拠に、地域コミュニティFMラジオの何十倍の影響力を持つTBSテレビなど大手TVに対してはひと言の批判記事も書いていない。

 沖縄タイムスよ、視聴者の少ない小さなコミュニティラジオに耳を傾けバッシング報道に現(うつつ)を抜かす暇が有ったら、悪質な「放送法違反」について「報道の編成方針は各社の判断」など開き直っているTBS会長の批判記事でも書いたらどうだ。

 その勇気はあるまい。

 沖縄タイムスは恥知らずの上に卑怯者のレッテルを貼られても文句は言えまい。

 沖縄タイムスに対し、「沖縄防衛情報局」に成り代わって次のように反論しておく。

 「編集権は沖縄防衛情報局にある」

 「報道の編成方針は各社の判断」(TBS井上名誉会長)

 【マスゴミ】民放連トップの井上弘TBSテレビ名誉会長が“偏向報道”抗議デモ受けコメント「報道の編成方針は各社の判断」
 2017年09月22日06:00


「狼魔人日記」より転載
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925

8

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。