«
»

沖縄タイムスが白旗!一体、何様のつもりだ!

沖縄タイムスが一夜にして事実上の「白旗」を掲げた。

今朝の社説のタイトルが「第三者の期間で検証を」とあるのを見て爆笑した。何を今頃間抜けなことを言うのだ。

沖縄タイムスは噂通り、狼魔人日記」の愛読者だったようだ。(笑) 

社説[オキラジ 差別的放送]第三者の機関で検証を

2017年9月21日 07:25

 沖縄市のコミュニティーFMから反基地運動をおとしめ、人種差別的と受け止められる発言が流されている。事実に基づかないものであり、看過できない。
 「オキラジ」で、毎週月曜日に放送されている「沖縄防衛情報局」である。
 約1時間の番組で、政治活動家ら3人が出演する。
 番組の基調をなすのは毎回、冒頭に読み上げられる次のような言葉である。
 「反戦平和運動はそのほとんどが偽物であり革命運動をカムフラージュするもの」。その目的は「沖縄県に中国や北朝鮮のような左翼独裁共産主義体制を打ち立てることにある」
 何を根拠にこのような主張をするのだろうか。
 スイスの国連欧州本部で6月に開かれた沖縄の基地反対運動を巡るシンポジウムに出席した弁護士や新聞記者を名指しして、「ほとんど工作員そのもの」(7月17日放送)と発言している。工作員とは具体的に何を意味しているのだろうか。
 排外主義的な発言も多い。「どうして朝鮮人や中国人は平気でうそをつくのか、ルールを平気で破るのか」(7月31日放送)と人種差別的な発言をし、「彼らは、(日本が)朝鮮半島を植民地にしたといいがかりをつけているが、全くのうそっぱち」(同日放送)と歴史的事実を曲げる。「シュワブゲート前の妨害活動。その中には朝鮮人がいっぱいいる」(9月18日放送)と言うが、本当に現場で確認したのだろうか。
 沖縄の内部から「沖縄ヘイト」というべき言説が公共の電波を使って流される。憂慮すべき事態だ。
■    ■
 放送法4条は「報道は事実をまげないですること」をうたっている。
 同法9条では事実でないことを放送したと訴えがあった場合には、放送局は調査した上で、真実でないと判明したときは訂正または取り消しの放送をしなければならないと規定している。
 訴えがなくても放送局が真実でない内容とわかったときにも同様の措置をとらなければならない。
 事実に基づく報道は、放送局と放送人にとっての責務である。と同時に、最も大切にしなければならない倫理だ。
 それは地上波であっても、コミュニティー放送であっても、変わりはない。
 オキラジを運営する沖縄ラジオは取材に対し「番組内容については出演者に聞いてほしい」と回答している。
 免許を受けた放送局としての自覚に欠け、社会的な責務を放棄しているというしかない。
■    ■
 根拠も示さず、言いたい放題の主張を放送し、それについて説明責任を果たさない。
 これではデマと変わりがないというべきであり、公共の電波を使用する放送局と放送人にとってあるまじき行為である。
 沖縄ラジオには、自律的に、放送局に設置が義務付けられている第三者による番組審議機関に放送内容の検証を諮問し、その結果を公表することを求めたい。

昨日の記事でこう書いた。
<■沖縄タイムスよ、何様のつもりだ
確かにFMラジオも電波を使用する建前上、放送法の規制がある。 
だが、視聴者の抗議やクレームが有った場合、当局(第三者委員会)に判断を仰ぎ、その意見を尊重すべきだが、あくまでも内容の編集は自主規制に過ぎない。
沖縄タイムスは裁判官でもなければ放送法を管轄する総務省でもない。
沖縄タイムスが「放送法違反」と考えるのは勝手だ。
だが、総務省や第三者委員会の確認でもしたのか。
沖縄タイムスは一体、何様のつもりだ。沖縄タイムスよ、自身はウソ報道を垂れ流していながら、何様のつもりで「放送法違反」などと断定し、このような悪意ある報道で、言論封殺をするのか。>
沖縄タイムスは、総務省や第三者機関に「放送内容」を確認することも無く、自己の独善的判断で、悪意に満ちた報道をした。だが、昨日の当日記の指摘を受け、慌てて書いたのが今朝の社説のアリバイ報道だ。
沖縄タイムスは当日記の愛読者だったのだ。(爆)
偏向しているとの批判に対し、沖縄タイムスは「民意の反映」などと嘯いていた。 
その一方、「民意は沖縄2紙が作る」などと、豪語している。(本土ジャーナリストに言った本音)沖縄タイムスよ、「朕は国家なり」と嘯いたルイ14世にでもなったつもりか。昨日の記事でこうも書いた。<
<沖縄タイムスの真意は「放送法順守云々」などのキレイごとではない。

沖縄タイムスを批判する「正す会」が許せないのだ。
「正す会」の代表が放送するFMラジオ「沖縄防衛情報局」を潰しにかかったのだ。さもなくば視聴者からのクレームも無い小さなFMラジオの攻撃に、このような仰々しい報道をするはずが無い。>

 
ところが今朝の社説の「白旗・報道」を見ると、我那覇真子「正す会」代表から、放送枠を提供したFMラジオ会社に、攻撃の矛先が変わったニュアンスだ。
物言わぬ「オキラジ」に圧力を加え間接的に「沖縄防衛情報局」を潰す魂胆だ。
物言う我那覇代表に直接攻撃したら、反撃喰らいブーメランになるのを恐れたからだ。 これでは敵前逃亡ではないか。

 
沖縄タイムスは社説の冒頭で(放送内容を)「事実にもとづかないものであり、看過できない」と断定し、「何を根拠にこのような主張をするのだろうか」と、主張する。
だが、逆に問いたい。
沖縄タイムスは一体何を根拠に「事実にもとづかない」と断定するのか。
くり返すが、沖縄タイムスは放送を管轄する総務省でも無ければ、第三者機関でもないはずだ。
新聞報道の基本が裏取り調査であることは言うまでも無い。
沖縄タイムスは、第三者機関に放送内容の当否を裏取りすることなく、傲慢にも自己の独善的判断のみで、悪意に満ちた誹謗中傷の記事を書いた
もう一度言う沖縄タイムスよ、「朕は国家なり」と嘯いたルイ14世になったつもりか。
沖縄タイムスが第三者機関に放送内容の裏取りを怠ったまま、暴走記事を書いた。
これは、社説の最後の次のように結語で明確である。
沖縄ラジオは・・・第三者による番組審議機関に」放送内容の検証を諮問し、その結果を公表することを求めたい」 
沖縄タイムスは、自分で裏取りを怠ったまま悪意に満ちた断定記事を書いておきながら、最後は沖縄ラジオ者に「第三者機関」への諮問を求めている。
沖縄タイムスよ、自分の判断は神のごとく正しい、とでも言いたいのか。
恥を知れ。
恥を知らない沖縄タイムスに、恥を求めるのは、」カエルの面に小便かも・・・。
【おまけ】
沖縄タイムスが「市民」と報じる活動家にはハングル文字が必要らしい。「日本語わかるか」は差別ではない。


「狼魔人日記」より転載
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925

13

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。