ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

名護市長選、自民焦り、候補者擁立難航

 来年2月4日投開票の名護市長選の保守系候補者がまだ決まっていない。

 政府に出遅れに焦りの影が見える。

 一方、現職の稲嶺進市長は、8月23日に3選出馬を表明。 準備万端で必勝を期している。市長や知事など地方自治体の首長には二つの側面がある。選挙で選ばれた政治家としての側面と、地域行政の最高責任者としての側面だ。

 選挙の際は自己の政治理念を主張し、イデオロギーに染まった面を見せても、一旦知事や市長として就任したら、地域住民の経済・福祉向上などに専心するリアリストの側面が不可欠である。その点、翁長県知事は自分のイデオロギーである「オスプレイ反対」「辺野古移設反対」を知事就任後の最重要事項として捉え、県民の経済・福祉の向上など眼中にないようである。

 「小型翁長」と呼ばれる稲嶺名護市長は、翁長知事を負けず劣らず、「辺野古反対」を主張。 政府の方針に楯突くことで、「オール沖縄」の支援を受けている。だが、名護市街が「シャッター通り化」するほど不況の波が名護市に押し寄せても、「辺野古反対」の他に、われ関せずで、市の行政責任者というより、反政府活動家の体たらくだ。

 従来稲嶺氏を支援してきた革新系市民の間でも、「政府に反対を叫ぶだけでなく、名護市の現実を見た行政をしてほしい」などと、稲嶺市政を批判する声も浮上している。

 ただ、問題は対立候補が決まっていないことだ。

 市長選の際、沖縄2紙や「オール沖縄」の支援を基礎に、「辺野古反対」を主張するのは、いかにも歯切れがよく無党派市民の支持を受けやすい。


「狼魔人日記」より転載
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925

4

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。