«
»

大人が思いつかない新たな詐欺を中3が考え、冤罪が生まれる 徳島県警三好署 猛省を!

 いやあまりにバカすぎてどうしようもない事件です。(中3女子、警察をも欺く手の込んだ偽装工作 被害女性はチケット配送記録で潔白証明

 >「成り済ましの可能性は考慮していなかった。捜査に慎重さを欠いていた」

 >女性は逮捕当初から否認しており、19日間の勾留を経て釈放された後、郵便局から取り寄せたチケット配送記録の控えを徳島地検に提出して誤認逮捕が発覚した。弁護人は共同通信の取材に「女性の弁解を精査すれば早期の釈放ができたのではないか」と批判した。

 正直このあいだのなりすまし事件ほど手が込んでいないとは言え、容疑者の女性が一貫して否認しているのに裏を取っていないとは。まして女性が証拠を自分で提出!正直この配送記録の確認は1日あればできること。精査をしないで自白だけ強要するのは一体どういうこと。

 逮捕状が出ているんだよね。そうするとそんないい加減な証拠しかないのに起訴した検察や裁判所の判断はどうなの。いやそれよりも19日拘束することがこの21歳の女性にとってどれだけの意味を持つのか考えたことがあるの?当然こういう分析が出ているよ。(誤認逮捕で女性19日間勾留は「ひどすぎる」と物議 問題はないのか弁護士に聞いた)それこそ誤認逮捕の賠償責任はもっと強くしてほしい。それこそ医療過誤以上にたち悪いよ。

 ただ正直中学生のやり方は見事です。自分が買ったチケット料金を第3者の他人に払わすという方法。この図にあるBさんもある意味被害者なんだろうな。相手の個人情報を使った新手の詐欺。この手のやり方はネットだから成り立つものですね。でも嵐のチケット一人3ー4万か。

 警察へ。少なくとも容疑者がいった事実は精査しようよ。何が恥ずかしいって、容疑者自らが解放後潔白を証明したということ。ドラマ的にいうと警察の捜査能力が無実の21歳の女性(チケット転売はあまりいいことではないですが)より低いということを見せつけられたということだからね。サイバー専門じゃないとか言い訳したらダメだよ。

 警察も今までのやり方に固執せず、そして柔軟にしないと。弱い証拠しかないのに長く拘留すればすむというやり方はもうやめたらどうかな。本当司法、警察も考えようよ。中3に負けているよ。


「中村ゆきつぐのブログ」より転載
http://blog.livedoor.jp/dannapapa/

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。