«
»

天賦の才

 英語では、生まれつきの天才を「gifted」と呼びます。日本語で言えば、「天賦の才」というのに近いでしょう。いずれも「天からの贈り物」という意味で、本人の努力というより、神様から賦与された能力です。

D.H.ロレンスの言葉に、
「Not I, not I, but the wind that blows through me」
という表現があります。

 彼の作品は、「私」が書いたのではない。「私の中を吹き抜けた、あの風が書いたのだ」と言いたいのでしょう。彼の作品の言葉は彼が書いたものではなく、彼の体を通過していった「風」が彼の体に残した「痕跡」なのです。ロレンスは、芸術的創造を「gift」として捉えています。

 小林秀雄も似たような感覚を持っていたことが伺えます。
 「書くとは、分析する事でも判断する事でもない、言わば、言葉という球を正確に打とうとバットを振る事だ」と書いています。

 小林の作品はどのように出来上がってくるのか。まず、意識の整備のために、精神を集中する。その後は、どうするのか。ただ待つのです。待っていると、どこからか着想が現れ、それが言葉を整え、小林の意識に何かを命ずる。

 天は一体誰を、どのように選んで「gift」を与えるのか。それは我々の知るところではないのですが、「gift」を受ける側にも何らかの条件は必要でしょう。

 私の体験でそれを説明しようとするのはおこがましい話ですが、「かすかな風」を感じることが、時々あります。

 請われてしばしば講演会をします。年中講演をしている中でも、特に昨年末から今年の初めにかけて、集中的に悟る内容が訪れた感じがするのです。

 なぜだろうかと考えると、まず、講演を聞きたがる「ファン」ともいうべき受講者が現れる。講演をすると、その受講者がとても感銘を受けて喜び、変わっていくので、次の講演をどのようにしたらもっと恩恵が深くなるかと考える。これまでに何度となく話したような内容でも、一生懸命に準備するようになる。そうすると、準備をしながら、これまでになかった閃きが訪れるようになるのです。

 これは私なりの「gift」だと感じられます。おそらく何らかの「gift」は誰でも感じられる瞬間があるものでしょう。いずれにせよ「gift」というのは、私のために与えられるのではなく、私を通して与えたい人がいるので、天が私に与えるのです。そう考えると、「gift」というのは、もらった私に留めないというのがその本質のようです。

 「誰かに何かをあげたい」と思った人のところに「gift」は天から届けられる。もらった人は、必ず誰かにあげなくてはならない。

 だから「gift」というのは、常に流れ、常に動くべきものだ。そうして、天の恩恵が拡大していくのです。

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。