■連載一覧
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/11/04
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    菊田 均
    菊田 均
    文芸評論家
    松本 健一
    松本 健一
    評論家
    中岡 弘
    中岡 弘
    著述家
    大島 直行
    大島 直行
    伊達市噴火湾文化研究所長
    時広 真吾
    時広 真吾
    舞台演出家
    渡辺 久義
    渡辺 久義
    京都大学名誉教授

    俸禄は何故お米だったのか

    学校で、「江戸時代までの日本は米本位制で、武士の給料もお米で支払われた」と教わったご記憶があろうかとお思います。給料だけでなく、たとえば寺子屋の授業料や、私塾の授業料も米で支払われました。また、税である年貢も、お米で支払われたことは、みなさまご存知のとおりです。

    640

    ちなみに税については、他に河川や道路、あるいは公共施設の普請事業などで働く、つまり労働力を提供することも税でしたし、商人がイベント事に際して金子(きんす)や料理を提供することも税と呼ばれていました。つまり、お金による税の提供も、ごく一部にはあったわけです。

    すこし考えたらわかることですが、江戸時代、貨幣経済はたいへんに発展していました。商品先物取引や、株売買に株相場なども、江戸時代には既に行われていましたし、もっと下品なところで丁半博打の賭場は全部金銭取引です。着物を入れる質屋さんも現金取引です。お伊勢参りに金毘羅参り、あるいは富士詣に、ひなびた温泉での湯治なども、江戸時代には盛んに行われていましたが、その旅での宿泊費の支払いは、全部現金です。また馬や籠、川の渡船の代金や、大井川の渡し人足の手間賃も、これまた現金取引です。吉原で遊女を買うのも、夜鷹商売も、これまた現金取引です。

    要するに江戸時代においては、生活全般に、すでに貨幣経済が深く浸透していたし、先物取引に見られるように、それは西欧社会と比べてみても、はるかに、かなり進んだ実体経済が貨幣経済のもとで行われていたわけです。

    それだけ貨幣経済が世界的に見ても屈指の発展を遂げていたにも関わらず、国の柱となる税も俸禄(武士たちの給料)も、ことごとくその大半が米で現物支給だったということは、いったいどういうことなのでしょうか。何を意味しているのでしょうか。

    米による禄の支給は、7世紀の大宝律令の時代にはすでに確立されていますが、では、古い昔からそのような制度だったから、ただ漫然と米による俸禄支給が行われていたのでしょうか。

    すこし考えたらわかることですが、米による税の取り立て、米による俸禄の支給は、実にたいへんなことです。俸禄の支給日には、米俵を積み上げて、これを支給するのですが、受け取る側も、これを家まで運ぶのは難儀なことです。現金支給と較べたら、どう考えても不合理です。その不合理なものが、少なくとも千年以上に渡って、ずっと続けられてきたわけです。実はここに、まさしく日本らしい統治の考え方があるのです。

    どういうことかといいますと、日本は天皇のシラス国です。ですから日本の国の形は、「皇・臣・民」によって成り立ちます。貴族や武士は、その「臣」にあたります。

    「臣」は、「民」の面倒をみることが仕事です。その「民」は、天皇のたからものです。これを「おおみたから」といいます。つまり「臣」は、天皇のたいせつなたからである民たちが、豊かに安心して安全に暮らせるようにすることが仕事です。
    この仕組を「シラス(知らす、Shirasu)」と言います。

    「臣」たちが面倒を見るエリアは「知行地」と呼ばれましたが、この「知行」という言葉は、我が国独自の漢語で、「知らすを行う」という意味です。つまり、「皇・臣・民」という、シラス統治を実現するために「臣」に委ねられているのが「知行地」です。

    ですから当然のことながら、知行地において、その殿様は、支配者ではありません。あくまで「おおみたから」を預かる立場です。ということは、地震、水害、火災、凶作などの災害が起きたときなど、民に困ったことが起きたときの備えも、知行する「臣」の勤めです。

    古くは安倍晴明といえば陰陽師で有名ですが、安倍晴明の給料は、今で言ったら年収約4億円です。公務員で年収4億円といったら「すごい」と思われるかもしれませんが、その4億円は、現金で支給されるのではなくて、お米で支給です。けれど、どんなに頑張ったところで、安倍晴明ひとりでは4億円分のお米など食べきれるものではありません。安倍晴明の家人たちを加えても、それは無理です。

    ではそれがいったい何を意味しているかというと、安倍晴明は朝廷から、4億円分のお米で、知行地の人たちがちゃんと豊かに安全に安心して食べていかれるように、しっかりと面倒を見よ、ということです。これが「知行(ちぎょう)」です。この考え方は、江戸時代の武士もまた同じです。

    どこまでも「知行」のための俸禄なのです。それを自分の贅沢のために全部遣ってしまったら、4億円分の知行地の人が飢えてしまいます。加えて知行地には、天変地異による凶作や災害もあります。そのときには「知行」する者が、貯えたお米を放出して、民を扶(たす)け、面倒をみなければなりません。そういうことに全部責任を持つということが、「知行」するということです。

    「知行」というのは、「知らすを行う」と書きます。「知らす」というのは、天の神に通じるという意味です。神は上(かみ)でもありますから、直接には、上司上長を指しますが、その上司の上には、たとえば江戸社会なら大名がいるし、その大名を任じているのが将軍だし、その将軍を任命しているのが天皇です。そして天皇は、民を代表して天の神に通じるお方です。そして日本は、天皇のシラス(知らす、Shirasu)国です。

    その天皇のたからのことを「おほみたから」と言います。「おほみたから」は、最近では「大御宝」とのみ書かれることが多いようですが、もともとこれは大和言葉で、漢字は当て字にすぎません。大和言葉での
    「おほ」は、大切な存在、つまり天皇です。
    「み」は、我が身の「み」です。
    「た」は、田です。
    「から」は、「はらから」という言葉がありますが、身内のことです。
    つまり「おほみたから」は、「天皇が田で働く人々を我が身内とする」という意味の言葉です。

    その一部の「知行」を命ぜられた人は、その「天皇のはらから」である「田ではたらく人々」が、困ったことにならないように、しっかりと面倒をみなければなりません。つまり、天皇のシラス(知らす、Shirasu)を、特定の地域について行うわけです。これが「知行」です。だから「知らすを行う」と書くのです。

    お米は独占できません。貨幣なら、一部の大金持ちが独占して、自分だけが贅沢三昧な暮らしをすることができます。いまどきは、在日系の企業などで、社長一人が年収で何百億円もとり、その一方で多くの従業員は、社会保険も厚生年金もない時間給労働者という企業が日本にもたくさん出るように成りました。

    けれど、企業にせよ、公務所にせよ、そもそもなんのためにあるのかといえば、社会の公器として存在しているわけです。そうであるならば、いかにしたら、みんなが困らない、みんなが食える社会を築いていくのかが、最大の社会の課題であるはずです。まして日本は、天然災害の宝庫といって良い国です。そしてひとたび災害が起これば、ひとりのちからでは、どうにもならないのです。みんなの助け合う力が必要になります。このことを突き詰めれば、いかにお米による俸禄という制度が、そのために重要な働きをなしていたかがわかります。

    お金は腐りませんが、お米はほっておいたら腐ります。ですから、いただいた俸禄は、ただ蓄えるのではなく、循環させなければなりません。米本位制である以上、富は独占できないのです。つまり、誰か独りの贅沢のために、冨が独占されることがないのです。

    人間一人が食べる量など、天下とっても二合半です。それ以上は、いくらお米があっても食べられません。食べる量以上にお米をもらったらどうするかといえば、みんなのために配らなければならないのです。

    貨幣そのものは、日本でも和同開珎が、すでに708年には発行されています。日本には貨幣はあったのです。けれども日本は、貨幣の存在がありながら貨幣経済を否定し、意図的に米経済で世の中を回してきました。その理由は、経済も国も、すべては「おおみたから」である民のためにあると考えられたからです。

    歴史は、ただ批判のための道具としたり、馬鹿にしたり、日本を貶めたり、あるいは面白くもない年号の丸暗記にするのではなく、そこから学びを得ることにこそ、歴史を記述し、歴史を学ぶ意義があります。

    お読みいただき、ありがとうございました。

    20

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。