ワシントン・タイムズ・ジャパン

自然と目標が達成できてしまう方法③ 【東大合格術が完結!】

自然と目標達成が出来てしまう方法シリーズも、ついに最終回となりました。

これまで目標を書く、読む、番外編ではノートを利用するなどと進めてきましたが、今日は究極の方法です。これは、これまでのメソッドを遥かに上回るくらい強力です。威力が凄い。

それは「ひたすら読む」という方法です。

目標を紙に書きますよね?そして、手帳に貼ったり、壁に貼ったり、僕のように天井に貼ります。すると視界に入りますよね。これでも効果があります。ただ視界に入れるだけじゃなくて、意識して見るともっと効果があります。これを、口に出して読んでみて下さい!

毎度お馴染みの写真ですが、これを例に採って話してみましょう。

o0480064013764651501

まずベッドの上の天井にこれが貼ってありますから、寝て起きた時に視界に入ります。この「起きた直後」や「寝る前」に見るのがポイントっていうのも紹介しましたよね。ここまでは過去シリーズに書いてあります。

そして目を覚ましたら、体を起こす前に手を合わせて「東京大学文科三類に合格しました。ありがとうございました。」と声に出して読みます。これが一日が始まりです。

そして勉強中や、道を歩いてるとき、料理しているときなど、気付いたらいつでも声に出します。とにかくひたすら、読み続ける。一日のうちに、何度も声に出してください。

こういう方法論をご紹介すると、こんなの意味がないって思う方がいらっしゃると思います。かく言う、僕が数年前までそう考えてましたから(笑)、よく気持ちがわかります。

でも、やってみればわかります。

前回までの紹介した、読む方法に対して数十倍、いや数百倍の効果があると思いますよ。それくらい凄い!これは、いくら僕が文章で書いても証明出来ませんから、是非やってほしいと思います!

だって、紙に書いたものを読むだけですよ。口に出すなんて、無料ですし、時間もかかりません。ノーリスクですからね。

勉強に限ったことじゃないと思いますが、五感を使うって大事なんですよね。ドラゴン桜で、踊りながら単語を覚える方法が紹介されて話題になりましたが、僕は非常に効果的だと思います。実は、僕も去年、単語の暗記とか、日本史の暗記の時に、わざと体を動かしながら覚えたりしてました。

この延長で、見るだけじゃなくて読む方が良いっていうのも、僕としては自然な感覚ですね。と色々な角度から、効果が説明出来ます。もちろん声を出してるだけで合格出来るわけじゃないですが、モチベーションの管理なんかにはとても効果があります。やってみて下さい。

さて、これで東大合格術が完結です。3月に東大合格してから、このシリーズを書き続けてきましたが、半年以上かかってここまで来れて嬉しいです。このシリーズを通して読者の数も増えて本当に有り難い事です。いつもありがとうございます。

しかし、まだまだ全ての方法を出し尽くしたわけではありません。書きたいことも紹介したいことも、たくさんありますので、シリーズを変えてこれからも受験に役立つ方法は紹介していきます。ということで、新シリーズをお楽しみにしててください!


「東大に文理両方に合格した男が綴る、受験の戦略」より転載
http://ameblo.jp/pipinee/

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。