■連載一覧
  • 緊急事態と憲法 私の提言
  • WHOトップ解剖 テドロス氏とは何者か
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 2020/5/01
  • 2020/4/20
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2020/1/01
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/11/04
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    やっと沖縄県の無法地帯が解消しつつある

     基地反対派の沖縄平和運動センター議長の山城博治容疑者がフェンスに貼られた有刺鉄線を二本切り器物損壊容疑で逮捕されました。

     誰でも他人の敷地内に入ったらいかんでしょう。

     またそこにあるものを勝手に壊したらいかんでしょう。

     やっと国も本腰を入れ始めたのかと思います。

     これを推進し、沖縄県を現在の異常な無法地帯から平常な状態に戻すには世論の高まりが必要です。

     だから私は明確に今回の政府の英断を支持することを宣言します。

     「反戦無罪」や「反基地無罪」など法治国家で行われるものではありません。国家がその必要性を認めて建設を進めていることに対し、議論をすることや説明を求めることは民主主義国家として当然の権利ですが、彼らがしている行為は明らかに反対のための反対にしかすぎません。

     それも、彼らのいう「ヘイワ」を求めるために暴力や暴言を使って地域住民や工事関係者に脅迫まがいのことをするなんて誰が見ても異常な行動です。

     9条信者の方々はこの人たちの過激な暴力をなぜ批判しないのでしょうか?

     先日も、このヘリ発着訓練場の付近の住民の車をこの運動家たちが検問したためにひと悶着あり、腕に自信のあった地域住民がはねのけたところ、暴行をされたと訴えていた事件がありました。

     やくざの「鉄砲玉」と一緒です。

     知っている人は知っていますが、そういう世界に全く無縁の善男善女の方々のためにちょっと解説しますが、暴力団が他の地域に侵攻しようとする際に、チンピラを相手の縄張りに送り込んで乱暴狼藉をはたらきます。

     当然、そのなわばりのやくざは防戦します。その際に怪我やもしかして死亡したら、侵攻を意図している暴力団はしめたものと、「この落とし前をどうつけてくれる」とそれを口実に宣戦布告します。

     その際には、侵攻する側の戦力が有利だと確信している時なので、侵攻される側はひたすら耐えるか、他から援軍を呼んでその勢力に対抗するかの選択に迫られます。

     戦力が拮抗していればこういうことは起きません。それが戦力の均衡の上に成り立つ平和です。だから自衛隊が実力通りの武力を行使できるような法体制を早急に構築せねばなりません。だからこそ憲法改正が必要なのです。

     幕末の江戸の町の治安を乱し、幕府の権威を失墜させるために薩摩藩は江戸で乱暴狼藉をはたらいたのをご存知の方はかなり歴史通です。厳しく幕府が取り締まるとそれを口実に開戦を仕掛けるのです。

     京都で新選組が活躍できたのは、会津藩預かりの私兵集団であったから、結構自由に動けたのです。ここでは力を力で抑え込んだのです。

     いまでも京都の人には新選組は圧倒的な人気があり、京の街を焼いた長州藩はあまり人気がないといわれています。維新後の新政府が薩長で構成されていたので、ここら辺の歴史はうやむやにされていましたが、近年しっかりと語られるようになってきました。

     ここら辺が周辺の国々と日本の違いですね。

     でも、佐幕派も討幕派も同じ日本のことを考えての行動と解されるので、どちらも国民から根強い人気を誇っています。こういうのは他国では考えられないことでしょう。

     革命軍と政府軍は、見方によって善と悪、または悪と善という二極に分けられるからです。

     真珠湾攻撃も欧州の戦争に不参加を公約に当選したルーズベルトとドイツの脅威にアップアップだったチャーチルが日本を戦争に引きずり込んで、アメリカの参戦を目論んだからというのがやっと定説になってきました。

     真珠湾の航空攻撃の1時間20分前に日本陸軍はマレー半島のコタバルに敵前上陸して、両軍合わせて2000名以上の死傷者を出す激戦が始まったのに、真珠湾の司令部にはその情報が伝わていませんでした。

     さらにウォード号という真珠湾付近を哨戒していた駆逐艦が国籍不明の潜水艇を発見し攻撃、撃沈して報告を本土には伝えていますが、真珠湾の司令部には伝えていなかったという事件もあります。

     話が大幅にそれましたが、すべて根っこは同じです。

     沖縄県の活動家がどんどん過激になっていったのは、隠忍自重せよとの政府の命令が行き届いていたからと、沖縄県警のトップは沖縄県知事の任命だからです。

     沖縄県警の警察官も地元の人には手が出しにくかったのですが、現在は日本全国から警察官が沖縄県に派遣されています。

     彼らは地元の事情など関係なく、日本国の法律を順守させるという使命にあふれています。命令が下ればすぐさま違反者を逮捕したがっているのです。至極当たり前ですよね。

     そうこうしていると大阪府警の若い警官が取り巻き暴言を吐き、時折暴力をふるう活動家に対して「土人が・支那人が」と暴言を吐いたと問題になっています。

     今までは新聞の活字やテレビのニュースでしかその内容が伝わらなかったので事情がよくわからなかったのですが、いまは動画がネット上にあり、反対派が暴言の証拠と出している動画を見れば、その状況が法を順守させようとしている若い隊員に対してどれだけ酷い暴言を吐いているのかが一目瞭然です。

     「土人や支那人」などという過激な表現はあまりよくありませんが、それを言わせた方の責任はないのでしょうか。

     ちょっとでも警察官に触れたら公務執行妨害で逮捕したらいいのです。さすればこの熱血漢の若い警官も暴言を吐かずに済んだでしょう。

     警察官が何もしないとわかっているから、好き勝手に罵詈雑言を並べ立てるのです。明らかにその稼業とわかる人にそんなことができるのでしょうか?

     プロレスラーに喧嘩を売るチンピラはいるのでしょうか?

     相手が何もしないとわかっているからそうしているのです。だから、こういう若い警官が処分されないようにするために、法の厳格な執行をしたらいいだけの話です。

     大阪の松井知事がこの警官の発言に対して、寛大な意見を述べていました。

     ちょっとこの人を見直しました。松井知事の一言でどれだけ現場で悔しい思いをしている警官が勇気づけられたことか。

     その内容は以下の通りです;

    「ネットでの映像を見ましたが、表現が不適切だとしても、大阪府警の警官が一生懸命命令に従い職務を遂行していたのがわかりました。出張ご苦労様」

     これに朝日新聞等は批判をしていますが、これのどこが悪いのか私には理解できません。

     法の順守を叩きこまれている警察官が目の前に違反者がいても手が出せない状態の方がおかしいのです。

     この若い警官は配置を変えられたようですが、私もこの警官を庇いたいと思います。この警官の一言が今後の沖縄県の無法状態に終止符を打つきっかけとなるでしょうから。

     高江のヘリ発着訓練場について一言。

     この訓練場では、どんな地形にもヘリやオスプレイが着陸できるように訓練するために建設されています。

     それは軍隊ですからもちろん戦場を想定していますが、今回の熊本地震のようにいろんな状況下にある被災地支援にも役に立つことを忘れて行けません。

     パイロットの資格を持っているからどの機種でもどんな状況下でも操縦ができるとは限りません。

     車の免許は持っているが10年以上運転していない人や、いつも軽しか運転していない人が2トンのトラックで道路事情が不明な被災地に救援に行けるかということを考えれば、どれだけ事前の訓練が必要かどうかわかるはずです。
     
     そこは斜めの地形で先のほうだけ着地させて機体を水平にしながら物資を下ろしたり、けが人を収容することの想定まで入っています。

     そこで訓練を受けた米軍の搭乗員がいつまた起こるかもしれない地震等の災害で日本国民を救助するかもしれないと考えれば、そこで反対運動をしている活動家たちは救助されるべき人たちの命を危険にさらしているといっても過言ではありません。

     「市民が」とよく言いますが、どこの市民だと聞きたいですね。

     日本語もしゃべれない外国の都市の市民も混じっているようです。ハングルが散見されますし、沖縄県に強力な米軍と自衛隊がいて一番いやなのはCHINAです。

     だんだんテレビも「活動家」というようになってきています。これも私は支持します。

     正確に伝えるのが報道の役割です。そこの住民でもない人たちを、市民と呼ぶのは止めましょう。彼らは職業的な活動家だということを正確に報道してほしいと思います。

     私たちは日本という自由で権利が守られている国の国民です。その権利を行使するために、祖国の法律を順守するという義務も果たします。

     沖縄県も同じ日本国の法律が適用されるところです。私たちが法の執行をされるように沖縄県でもしてほしいと思います。それが本当の公正だと思います。


    「井上政典のブログ」より転載
    http://ameblo.jp/rekishinavi/

    7

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。