«
»

半年後に日本の領海が拡大します!

日本が広がる!

<西之島>EEZ50平方キロ拡大 海保が調査、海図作製へ

なんと、日本が広がるという、珍しいニュースです。下の図を見てほしいんですが、日本の南側にポッカリあた、ピンク色の部分がありますよね。小笠原諸島、沖ノ鳥島、沖大東島に囲まれた部分です。

ryokai_setsuzoku

このピンクの部分よりちょっとだけ東にある、西之島が2013からの噴火で拡大して、新しく領海が広がるようです。

このブログ(注:転載元)は、何も知らない高校生でも骨子が分かるように説明するのが趣旨ですので、ちゃんと語句説明をしておきましょう(社会系のテスト勉強の時にも、きちんと語句の意味を押さえましょうね)

まず領海は領土から12海里(約22km)までです。そして、次に排他的経済水域は200海里(約370km)までの距離です。この数字の組み合わせ、中学受験から大学受験までずっと出ます。排他的経済水域を英語で言うと、Exclusive Economic Zone というので、EEZって呼ばれたりします。

このEEZ内であれば、日本は独占的に海の資源を取ったり、開発したり出来ます。だからEEZが増えれば、資源が取れる場所が増えるので、単純に日本にとっては嬉しい話です。

ちなみに、日本のEEZって世界で何番目くらいに広いと思いますか?きっと、知ったら驚くと思いますよ。日本って、大陸の一番東側にある小さな島国って思っている人が多いですからね。

まず世界の国の数ですが、現在196の国と地域があると言われています。そのうち、日本の領土は38万平方kmで、なんと61位!!小さいって思ってたら、意外にも上位3分の1に入っています。

そして、EEZと領海を合わせた、海の面積ではなんと6位です!!

ランキングは上から
1位、アメリカ
2位、フランス
3位、オーストラリア
4位、ロシア
5位、カナダ
6位、日本
ですが、
9位が中国、10位がブラジル、13位がインド、14位がアルゼンチン。軒並み、国土が広い国が並んでいますね。

国土が広くても、海の面積が広いとは限りません。日本のように、広い範囲に小さな島をたくさん所有していると、海の面積が格段に広がります。

最後に、領土と海の全てを合わせた面積のランキングに行きましょう。これでも日本は9位にランクインしています。

このランキングだと、中国やインド、ブラジルに順位を越されてしまいますが、それでも世界で9番目に広い国なのです。

日本地図って、いつも領土ばかりしか描かれてませんし、離島が表示されてなかったりします。すると日本って小さな国なのかなって、どうしても印象になってしまいますが、実はそうではありません。かなり大きな国なのです。戦前は、台湾や満州、朝鮮半島も領土でしたから、そりゃあ大きくて強い国だったでしょうね。

今回の西之島の一件では、領海がそれほど大規模に広がるわけではありませんから、順位の変更はないと思います。だからネットのニュースでも、あまり大々的に取り上げられてませんでしたが、僕としては大事なニュースだと思って取り上げました。

国が小さくなるとか、大きくなるとかっていうのは、かなり珍しいニュースです。国が小さくなるのは、侵略して取られるか、戦争して負けて取られるか。国が大きくなるのは、その逆で戦争して取るしかありません。(原則としては)

このように自然環境によって面積が増える事もあるんだなというのは、面白い観点だと思ったので、皆さんにお知らせでした。

【〆の一言】
と考えると、北方領土は本当に返ってくるのでしょうか・・・?


「東大に文理両方に合格した男が綴る、受験の戦略」より転載
http://ameblo.jp/pipinee/

8

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。