■連載一覧
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    蓮舫氏は辞職して信を問うべし!

     蓮舫氏の二重国籍問題は事実だったことが決定しました。

     人間誰でも過ちがあり、国籍という概念が希薄な日本社会から見れば、謝っているのだから許してあげればと論調も見え隠れします。

     でも、蓮舫氏はれっきとした公人であり、その公人の要件を満たしていなかったという事実が判明した時点で潔く議員を辞職し、次の選挙できちんと事実を公表したうえで国民からの信を問うべきではないでしょうか。

     そうやっても人気の高い蓮舫氏が再選されることはほぼ間違いないと思いますが、知らずに嘘を言いまくって当選した現在よりも、きちんと謝罪した上で選挙という禊をしたほうがいいと思うのは私だけでしょうか?

     ちょっと前にショーンKという芸能人?コンサルタント?が学歴詐称で仕事をすべて奪われました。近くにいた人に聞けば、彼はいろんな勉強をして英語も上手で努力家だったという意見もありました。

     でも、彼の学歴がアメリカの有名大学院卒業というものであったために、その嘘がばれて信を無くしたのです。

     講演会で有名大学を卒業している、資格を持っているということで高いお金を払って講演会に招聘し、人々も聞きに来ていたのです。

     だから詐称というのは、詐欺と同じです。

     蓮舫氏は日本国籍を持っていると同時に台湾国籍も持っていたのです。そしてそのパスポートも所持していました。当然、期限は切れていなかったのではないでしょうか?

     そして晴れて台湾籍を抜いたと本人が報告していました。

     結婚で重婚という犯罪があります。

     二重に結婚をする犯罪です。

     結婚することにより、法的な権利を得、倫理的な制限を受け、そして社会的な信用を得るのです。でも、重婚は相手に精神的に大きな損害与えますが、法的ないろんな権利を主張できます。つまり、財産分与だとか相続だということです。

     もちろん重婚は犯罪ですから、これが発覚した時点ですべての権利を失います。

     このように二重に戸籍を持つのが重罪であるのに、どうして二重に国籍を持つのは許されるのでしょうか?

     民進党の議員の方や民進党の支持者の方でこの質問に答えられる方、ぜひお答をお願いします。

     結婚すると貞操を守るという義務が生じ、芸能人でも浮気が発覚するとベッキーみたいに仕事を失い、社会的信用を失うという大きな事件となります。

     連日ワイドショーでどうでもいいようなことをあれやこれやとコメンテーターがあげつらい、テレビをつけると見たくもないニュース?が飛び込んできます。それに嫌気がさして別なチャンネルに変えると同じようなことを延々とやっています。

     考えてみてください、不倫はいけないことですがあくまでの個人の問題です。

     私の知っている人に、自分の愛人を秘書として使い、奥さんと同じ家にしょっちゅう出入りさせている人がいました。初めは友人として付き合っていましたが、どうしてもそのことを受け入れらなくなり、他の大きな事件も知ったために、その人とは縁を切りました。

     でも、この人や奥さんにとっては日常のことです。私のような他人がとやかく言うようなことでありません。本人たちがいいといえばいいのでしょう。

     田母神閣下も前の奥さんと離婚が成立せずに、事実婚の今の奥さんは拘置所へ面会にも行けません。私は今の奥さんを奥さんと認めているので、普通のお付き合いしていますが、それを良しとしない人たちも大勢いらっしゃるようです。

     このような例はたくさんあるでしょう。

     でも、すべて「個」の問題です。

     でも、蓮舫氏の二重国籍は「公」の問題です。

     そして100%有り得ないと思いますが、もし民進党が共産党と連携して票を伸ばし、第一党になれば、代表である蓮舫氏は日本国の首相にもなるのです。

     先の選挙で蓮舫氏に投票した人たちの何割かは、二重国籍と知っていれば投票しなかったという方もおられるでしょう。
     
     先の民進党の代表戦でも、二重国籍を認めた時はサポーターや党員の投票は締め切っており、正しい情報下での選挙とは言えません。

     つまりフェアではないのです。

     このフェアを日本語に直すと「公明正大」といえるでしょう。

     蓮舫氏は「公明正大」なのでしょうか?

     ショーン・Kは学歴詐称で仕事と信用を失いました。

     ベッキーは不倫で芸能界での地位を失いました。

     田母神閣下も、事実婚の奥さんがいかがわしい若い秘書で、その人に浄財で毛皮を買い与えたという事実無根のうわさでイメージを大きく失墜させられました。

     でも、蓮舫氏は全くの無傷? おとがめなし? スルー?

     おかしくないですか?

     一時はもてはやされた福島瑞穂が、慰安婦問題に火をつけた一味だとわかってから、国民がほとんど相手にしなくなりました。

     お孝さんと呼ばれ「山は動いた」という名セリフで有名になった土井孝子氏も拉致問題を北朝鮮が認めた時から勢いは衰え、今や正統派の売国奴となっています。

     だから日本社会党が落ちぶれ、社民党になり、そして今や風前の灯火となってきています。

     正しいことを正々堂々としていけばいいのですが、国民に嘘をまき散らしていったツケガ回ったのです。

     「最低でも県外」と言い放ったルーピー鳩山は、日米関係に亀裂を生じさせ、その隙にCHINAの南シナ海の海洋進出を助けてきました。

     福島第一原子力発電所の1ミリシーベルト規制が意味がなかったことが5年たった最近やっと国民の多くにもわかってきて、反原発の人たちの正体も暴かれ始めています。
     
     その非科学的な規制により、どれだけたくさんの人たちが日常の生活を奪われ、ほとんど意味をなさない広範囲の除染作業にどれだけの国費が費やされてきたことでしょう。

     全く関係のない原子力発電所を止め、足元を見られた産油国にどれだけ高い燃料代を払ってずっと黒字だった日本の貿易収支を赤字に転落させたのでしょう。

     現在沖縄県で基地反対やオスプレイ反対の活動家たちがどれだけ酷い無法ぶりをしているのか知るたびに腹が立ちます。でも、この問題にもやっと政府は本腰を入れ始めました。

     徐々に環境が変わり始めていますが、国会議員という立法府の人間の二重国籍問題を不問に付すマスコミはどういう了見をしているのでしょうか?

     報道しない自由という権利を行使するようですが、これは日本国民に対する背信行為でしょう。
     
     蓮舫氏は潔く議員辞職をしてきちんと情報を公開したうえで国民に信を問うことから始まると思います。皆さんはどうお考えですか?


    「井上政典のブログ」より転載
    http://ameblo.jp/rekishinavi/

    6

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。