■連載一覧
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    なぜ蓮舫氏に違和感を抱くのか?

     民進党の新代表に蓮舫氏が選出されました。

     これにより民進党は解党へまたひとつ歩を進めたと思っています。

     というのも、民進党が国民から信頼を失ったのは民主党政権時代のでたらめ、そしてその低迷を打開するために取った禁じ手である日本共産党との選挙協力です。それを踏襲するのが蓮舫氏だからです。

     民主党政権時代に総理大臣になった人たちが酷かった。日本憲政史上ワースト1,2が鳩山・菅の両人でしょう。但しどちらが最悪化というのは激しい議論をしても、決着がつかないと思います。
     
     鳩山由紀夫は議員を辞めて政界を引退したにもかかわらず、隣国で土下座をしたり、CHINAの台頭を防ぐために日米でなんとか阻止しようとしていたAIIBの顧問に就任したりと本当に国賊ものです。

     菅直人は昨日の民主党の代表選にもへらへらと笑いながら投票していました。こいつ(失礼)のせいで今だに故郷に帰れない人たちが福島県には大勢いることをどう思っているのでしょうか?

     原子力の専門家、免疫学の専門家、放射線防護学の専門家の誰に聞いても、1ミリシーベルトが避難の基準であるというのは科学的根拠がないと言われます。私もそう思います。

     事故の直後は事態の把握ができていなかったので、緊急避難は当然でしたが、ほとんどの地域ですぐに家に帰してよかったにもかかわらず、非科学的な感情論での1ミリシーベルトを閾値にしたために、今の不幸が続いています。

     すべてこれらは当時の首相で自分の延命のために東北大震災を利用した菅直人の責任だと思っております。

     これら二人の最低の総理大臣を排出した民主党がうそをつきまくり、多くの民主党議員がでたらめをしたために国民が離れてしまったせいです。

     国民の信頼を取り戻そうとしてもなぜそうなっているのかを分析しなければ無理だということです。

     そして私なりの分析を書きたいと思います。

     そしてそれは蓮舫氏への違和感と通じるものがあるのです。

     三年間の民主党政権下に置いてうまくいかなかった理由は、官僚をうまく使わず、敵に回したことだと思います。日本の官僚は外務省を除き、有能だと思います。

     外務省も政治家がきちんとした態度をとれば、ちゃんと機能することもあります。最近の外務省は安倍総理の指示の元、中韓のバッシングの記事に関しては毅然とそこの国の大使館がカウンターの反論記事を書いていると外国駐在の人から聞いています。まだまだ足りませんが、良いところは良いと誉めねばならないと思っております。

     民主党政権下で官僚=悪という構図で敵対し、政治主導というできもしない御題目を唱えてリベラルな政策をしようとしたために、官僚の協力なしには財源の確保もできずに結局何も実現しなかったのです。

     でも、本当に実現したらおおごとになっていた政策がたくさんあります。

     あの公安から調査対象だった岡崎トミ子が公安委員長になったのはその表れです。就任後調査対象者のリストの提出を求められた公安の幹部はのらりくらりと面従腹背でその指示に従わなかったと聞いたことがあります。もし、それが流れていれば今頃大変なことになっていました。

     国民の大部分が困っていない夫婦別姓の推進(もちろんすべての人が満足という政策はありませんから)や、外国人地方参政権付与などが実現していれば一体今頃日本はどうなっていたのでしょう。それを考えるだけでも恐ろしくなります。

     ここまで書くと何を言いたいかお分かりになるでしょう。

     すべては反日政策の一環であり、伝統的な日本を破壊し、グローバリズムを取り入れた国づくりを推進しようとしたからだと思っております。

     蓮舫氏もここに大きく共通点があります。以前も書きましたが、彼女が夫の姓の村田を使わないのは夫婦別姓の推進論者だから。きっと今でも自分は謝蓮舫だと思っていることでしょう。

     一議員の時はそれでもよかったのかもしれませんが、野党第一党の代表になったからには芸名や通名ではなく、きちんと戸籍上の本名を名乗るべきです。

     その戸籍に書かれている国籍はどこですか?当然日本国と書いてあるのでしょうが、台湾にもその国籍があったということはれっきとした違法行為です。

     経歴詐称であり、それによって選挙に選ばれているわけですから、それは無効であり、きちんと台湾籍を放棄した後に、国民の信を得て堂々と戻ってこらればいいと思っています。

     それがこれから始まる二重国籍問題で追及されることに対しての有効でかつ唯一の対抗手段だと思いませんか。

     そして蓮舫氏の周りにいる人たちの胡散臭さはどうしようもありません。この問題を提起した八幡和郎氏がまた近々蓮舫人脈についての評論を出されると思いますが、ちょっと聞いただけでもどす黒い問題があります。

     以前不倫疑惑で追及した自民党の西田議員もヘイトスピーチ法案の失策の挽回をここで発揮してほしいと思います。

     でも、大部分の国民は蓮舫氏=平気でうそをつくというイメージが先行していることを忘れないで欲しいし、党の代表ですから、普段は見せない女性のか弱さを垣間見せて同情を買う手口も通用しないと思わねばなりません。

     結論は蓮舫氏も民主党改め民進党も基本的に「反日勢力の党」なのです。

     だから、普通の日本人は違和感を抱くのです。でもほとんどの人がそれが何かを明快に答えられません。その違和感は私たちのDNAに刷り込まれた日本人としての感覚にそぐわないものですから。

     でも、そのDNAを持ちえない、または理解できない人たちにはなぜ自分たちが支持を得られないのか理解できないのです。

     そういう人たちが多く幹部にいるのが民進党の本質だと思います。

     私の日本人の定義を書いておきます。

     【日本人とは:日本国籍を有し、天皇陛下を尊崇する人のことを指す。】

     つまり権威の根源を天皇陛下と認めることです。

     ついでにグローバリズムの定義も書きます。

     【グローバリズム:地球主義と直訳できるが、本質はアメリカ主義。しかし、ひだりまきがつかうこの言葉の意味は「反日主義」のことである。】

     このように私たちは同じ言葉を使っていますが、そこに含まれる概念は全く違うことに気づかねばなりません。

     蓮舫氏がいう「日本人として、日本のために働く」という意味は、私の書いた日本人の定義とは違うということがわかるでしょう。

     彼女なりの「日本人の定義」があるのです。それが私たちとは違うことが彼女に対する違和感の根源になると思います。

     だから彼女なりの「日本」「日本人」の定義をしっかりと見極めていきたいと思います。


    「井上政典のブログ」より転載
    http://ameblo.jp/rekishinavi/

    9

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。