ワシントン・タイムズ・ジャパン

子供や孫に残したい緑豊かな地球

 どんな「未来」を子供たちに残したいのでしょうか。「健康な地球」を子供たちに残したい!危機的な状況を回避するには、地球に住む一人一人が「意識して行動」をはじめることが不可欠である。

 昨年11月30日から12月13日まで、フランス・パリにおいて、国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)等が行われた。この会議で、新たな法的枠組みとなる「パリ協定」を含むCOP決定が採択され、いくつかの合意がなされている。
 注目は世界共通の長期目標として2℃目標のみならず1.5℃へと言及し5年ごとの削減目標の提出が求められたこと、そして、先進国が引き続き資金を提供することと並んで途上国も自主的に資金を提供することなどがある。

 しかし、これまでIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の予測によると、温室効果ガスの排出を今のまま放置していると、2100年には最大推計で地表の平均気温が6.4℃上昇するとされ、気温上昇を2℃以下に抑えるのが喫緊の課題とされていたのである。事態が改善しないで一層悪化していることへの危機感が表れている。

1

★まず、厳然とした厳しい現実を知ること
 これまで唱えられてきた2℃以上、上昇すると植物が枯死し始めるということが先送りされたわけではない。北極の氷は解けていて、北極点近くまで水が迫っている。そのため、ヨーロッパから北極海を経て北米大陸に至る北極海航路が開かれている。
 北極の氷が全部解けると、海水の流れが変わる。赤道付近で温められた海水が北に上り、北極の氷で冷やされて深層水となり、南に下がって海全体を循環しているが、その海洋循環の速さが年々遅くなっている。
 海水の循環が止まると海の中の酸素が減り、生物が生きていけなくなる。その速度が遅くなっていることが観測されている。

 北極の氷が解けた地球は、ラジエター(放熱器)が壊れた自動車と同じといわれている。海水が循環しないので、地球規模の温暖化がますます進み、世界中で熱波や異常降雨、干ばつなど異常気象が頻発するようになる。
 アメリカ東海岸では、異常降雨のため大きな被害が出ている。10年に1度とされていた洪水が毎年のように発生している。大陸では干ばつが起きて、穀倉地帯が被害を受けて、穀物・食糧の価格が高騰することは必至である。
 もうひとつの大きな問題は砂漠化である。現在、陸地の4分の1に当たる約36億ヘクタールが砂漠で、年に6百万ヘクタールのスピードで砂漠化が進んでいる。その原因は、干ばつなどの気候的な要因に加え、森林伐採やプランテーションなど土地利用の変更により森林が減少し、水循環の喪失、過剰な放牧や農耕、急速な都市化などである。

★森のない地球に人類の未来はない!
 人間の活動によって森林や植物が減少し、CO2の貯留能力が減少し、CO2の吸収力が低下することで気温が上昇し、砂漠化が進んでいる。つまり、砂漠化は熱帯雨林の大幅な減少により地球規模の水と大気の循環が崩壊することで起きているからである。
 インドネシアでも現地の人々は経験から「森が雨を呼ぶ」という事実を認識し理解している。森が減少すると乾燥して雨が降らなくなることを体験的に知っている。
 地球上の水は海と湖、川、森林、植物などに蓄えられている。砂漠は太陽光の70%を反射するが、海や森林は逆に70%を吸収している。吸収した熱で表層にある水を水蒸気にして大気中に放出し、上昇気流を作る。それが上空に上り、宇宙に熱を放出する。そして上空で冷やされた水蒸気が雨や雪となって、再び地表に降ってくるのである。
2
 このような水と大気の循環があることが「地球が生きている」ということであり、この循環のない砂漠はほとんどの生命が死んでいるのである。
 周りを海に囲まれている日本が砂漠化することはないだろうが、大陸が砂漠化するとその影響を受ける。海からの影響があるのは海岸から300~400キロまでで、それから先は森がなくなると砂漠化が進むのである。 砂漠化は耕作不能による食糧不足を招き、飢餓や貧困、さらには治安の悪化や戦争の原因になる。このような厳しい環境変化が世界中に広がっている。

★どのような地球を次世代に引き継ぎたいか?
 こんな地球を子孫に残したいと考えて生きている人はいないであろう。人間は何のために生きているのか考えると、次の世代にどんな世界や価値観を残すのかが一番大事なテーマである。荒廃した大地を残したいと思う人はいないだろう。

 最近の日常生活の中でも既に、「なんだか気候がおかしい」ということが感じられる状況になっている。私達は経済中心の「モノサシ」で、生活の向上と文明の発展を目指して、取り組んできた結果、自然を傷つけ、破壊してしまったのである。自然破壊が地球規模で進んで生存を脅かすほどの自然災害をもたらしている。
 確実に、着実にしかも加速度的に地球の温暖化は進んでいることが、独立行政法人国立環境研究所のスーパーコンピューターの地球シミュレーターでも証明されている。人間活動のほとんどすべてが、地球の自然に大きな負荷をかけているということが間違いのない事実である。
 地球上の自然資源が無限であるような錯覚をして、日々の経済活動や消費生活により資源の浪費をしてきたのである。しかし、“自然資源は、人間が創ることはできず、無限ではなく有限である”

★地球の一員として生きている
 「地球の一員として生きている」という一番大切なことを忘れてしまっている。地球の自然が持続可能な形で、いつも豊かでなければ、我々人間は生きては行けない事実を今一度認識する必要がある。
 人類は自然の一員として生かされていることに感謝し、私たち人間自身の「行動」で持続可能な地球システムをつくり、資源を守り、再生させながら、大切に管理し次世代に引きつぐ責務がある。
 誰でもが生かされていることに「感謝する心」があればできる行動~それは「木を植え、自然を再生する」ことである。2004年のノーベル平和賞受賞者、ケニアのアフリカ緑化運動に取り組む女性の活動家、ワンガリ・マータイ女史は、「木を植えたことで我々は、平和と希望の種を植えてきた」とコメントしている。

★平和の種を植える
3 木を植えたことで、我々は平和と希望の種を植えてきた。多くの戦争は、資源をめぐって起きる。我々が持続可能な方法で資源を管理すれば紛争は減る。 環境の持つ深い複雑な意味を理解する者は、活動する責任を負っている。決してあきらめてはいけないのだ。
 ノーベル賞受賞の知らせを聞いた後、穏やかにそびえるケニア山をみたの……、私たちの祖先が崇拝した山が、私の方を見て「助けてくれてありがとう」と言っているように見えました。 緑はケニアの肺である。土壌浸食や干ばつの防止、飢饉や貧困の解決に重要だ。
~ノーベル平和賞 Wangari Maathaiさんの言葉より

image

 

★木を植えれば自然の復元力が発揮される証

61849年の大噴火の後160年あまり158年間人が木を植えることなく放置されて来た現場無味乾燥、虫もいない2007年8月の状況。

72007年~植林を開始した現場は植えた木々だけでなく、さまざまな草木が生え、虫が戻り自然の息吹が感じられる。2016年4月の状況。

人が木を植えることで木々が育ち虫たちが来て、鳥も戻り小動物がやってくる。それぞれが種を運んできて、多様性豊かな森に育ってゆく、自然の復元力はすばらしい!

4

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。