ワシントン・タイムズ・ジャパン

地球を蘇えらそうとすれば木を植えよ

 現在の経済優先の日本社会では産業の大切さについて、GDP(国民総生産)の大きさという「モノサシ」だけで判断される。このモノサシだけでみると平成26年度の農林水産省の統計によれば、国民総生産が486兆9388億円に対して、林業のGDPはわずか1800億円で0.037%である。この規模の市場を調べると「釣り具市場」が1800億円になっている。

 この経済優先のモノサシの評価がすべての社会では、「林業や植林」については遠い存在になる。しかし、この評価は経済のモノサシで測れることしか含まれていない「外部経済」といわれる経済的な価値が評価されていない部分が含まれていないのである。
 森林の機能には、①表面浸蝕を防止する機能、②生命維持に不可欠な水質浄化や水資源貯留機能、③表層崩壊防止、④洪水緩和、⑤保健レクリエーション、⑥二酸化炭素吸収など定量評価ができる部分だけでも70兆円を超えるとされている。(林野庁)
 これらは一般経済の外にあるので、私たちは自分の財布が痛むわけではなく、あまり意識せずに過ごし、森林を過小評価した社会で生きていられたのである。

地球温暖化対策としての森林のこと
 昨年の「パリ協定」で地球温暖化対策とした主なポイントは以下のとおりになっている。

 ①産業革命前からの気温上昇を2度未満にし、1.5度以内になるよう努力する
 ②21世紀後半に人為的な排出量と森林など吸収量を均衡させる
 ③すべての国に削減目標作成と5年ごとの見直しを義務付け、5年ごとに検証する
 ④被害を軽減するために世界全体の目標設定
 ⑤途上国への資金拠出を先進国に義務付け

 このなかで注目したのが「森林」の位置づけである。②の人為的な排出量と森林などの吸収量を均衡させるという点と開発途上国への資金の拠出である。遅ればせながら森林の大切さについて認識が深まったようである。
 「植林」や森の保護の大切さはほとんどの日本人には理解できる。これは日本の長い歴史のなかで育った人間としての潜在的な意識によるところが大きいのである。しかし、自らの生活の中で現在意識として「植林」の意義を深く考えて身に着けている人が少ないので、地球規模の植林行動にはつながりにくいのである。
 しかし、人が一人ひとり呼吸をするだけで排出する二酸化炭素を吸収させるためには1年に23本の植林が必要である点にもっと深い理解がほしいものである。
 自然が、誰かが、鳥や動物たちが種子を運んで新しい植物生命を育んでくれていることで森を中心とする自然が維持され、私たち人間も生かされていることを認識する必要がある。

世界幸福度一位のデンマークのこと
 2016年度版「世界幸福度ランキング」が国連から発表された。この幸福度は2012年に開始された調査である。2013年、2014年総合1位で昨年は3位に下がっていたデンマークが再び1位になった。総合的な幸福度には、経済的な状況と「幸福度の平等さ」や「社会的支援」などが反映されている。
 ランキング上位の国々には、スイス、アイスランド、ノルウェー、フィンランドが続いている。日本はタイ(33位)、台湾(34位)よりも下位の53位である。
 特に「幸福度の平等」が高い国は概して幸福度も高くなる傾向にある。わが国の在り方を見つめるいい機会である。
 デンマークは北欧と呼ばれる5カ国のうちの一つで、国土面積は日本の九州とほぼ同じである。人口は551万人、立憲君主制でマルグレーテ女王が君主である。

 デンマークといえば「みにくいあひるの子」「人魚姫」「マッチ売りの少女」などの童話で有名なアンデルセンが想い起こされる。
 いまでは世界で一番幸福な国としてランクしているが、1864年ドイツ・オーストリアとの戦争に負けて、その賠償の為に作物の良くできるシュレスウイヒとホルスタインの2州を失った。残された土地は荒廃したユトランド半島で、いかにして国の勢いを取り戻すかが国家の一番の目標だったのである。
 このような状況の中、希望を抱いて立ち上がった36歳の軍人「エリンコ・ミリウス・ダルガス」(1828~94年)だった。ユトランドの荒野を豊かな緑にするという目標を立ててモミの木の植林に取り組んだのである。
 この話は内村鑑三(1861~1930年)の「未来への遺物・デンマルク国の話」で紹介されている。キリスト教徒であった内村鑑三は日曜教会でもたびたびこの話に触れ「信仰と樹木をもって国を救いし話」として伝えている。

植林で荒野を豊かな田園に
 戦争で負けたとき残されたユトランド半島は土壌も痩せて、ヒースなどに覆われた作物の育たない荒野だった。この土地も800年前には平野にはよく繁った森があった。しかし、その後の人々が伐採するばかりで手入れを怠ったためについには荒野になってしまったのである。「大地を甦らせるためには植林をしなければならない」と考え、「何かこの荒野に適する木はないだろうか」と思考を巡らせたダルガス親子が1850年代から取り組んだのはノルウェー産のモミの植林だった。
 しかし、はじめは順調に育った植林木が途中で育たないなど試行錯誤を繰り返し、ノルウェー産のモミの木の間にアルプス産モミの木を植え、ある程度大きくなった時にアルプスのモミを伐る方法を編み出す。アルプス産のモミの木を途中で切ることで、ノルウェー産のモミの木が大きく育ち始めた。そのような発見と努力によりユトランド半島は豊かな大地に生まれ変わった。
 この植林により木材だけでなく、ユトランドの厳しかった気候が緩和され、土地が安定して、小麦や砂糖、大根など北欧産の農作物でできないものはないところまで変貌を遂げたのである。大モミの植林により肥沃な田園地帯に生まれ変わり、安定した良い気候の国が生まれたのである。
 現在、国土の約66%にあたる283万ヘクタールが農地になっている。穀物を作り、家畜を飼育し、人口の3倍に当たる1500万人分の肉類・酪農製品を生産している。その結果、今日10万人の農業人口が輸出する農産品の額は、年間9000億円にもなり、世界最大規模の農産品の輸出国になっている。

 個人の能力と適正を育て、かつ行動を起こすことのできるデンマークの教育方針も、このような歴史の背景と国の宗教であるキリスト教の慈愛精神から来ている。“共生”と“協同社会”の精神は、地球市民の多くが学ぶべき点である。
 日本の「みどりの日」制定に大きな影響を与えた内村鑑三の言葉に、「国を興さんとすれば木を植えよ」「植林は王者の業(わざ)なり」がある。
 現代では地球環境の危機、人類文明の危機にあって「地球を蘇えらせるためには木を植えよ」が地球市民の合言葉になることを願っている。

10

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。