ワシントン・タイムズ・ジャパン

眞子さまのPTSDを発表する宮内庁 眞子さまのストレスは戦争並み

婚約が内定し、記者会見される秋篠宮家の長女眞子殿下と小室圭さん=2017年9月3日、東京都港区の赤坂東邸(時事)

婚約が内定し、記者会見される秋篠宮家の長女眞子殿下と小室圭さん=2017年9月3日、東京都港区の赤坂東邸(時事)

宮内庁が眞子さまの結婚を発表すると同時に、眞子さまが「複雑性心的外傷後ストレス障害(PTSD)」と診断されたと明らかにしました。

眞子さま「複雑性PTSD」 精神的苦痛大きいと宮内庁

>公益財団法人「こころのバリアフリー研究会」理事長の秋山剛氏は「長期にわたり誹謗中傷を体験された結果、複雑性PTSDと診断される状態になっておられる」と述べた

医師を同席させ、全くのプライベートな内容を全国に発表するという劇薬を使った宮内庁。それだけ秋篠宮家含めた皇室も追い込まれていたのでしょう。そして眞子さまを守りたいと思った故の行動なのだと思います。

ネットで誰かが述べてましたが、美智子様がストレスからの体調不良、雅子様の適応障害、愛子様の不登校など本当に皇室のストレスは大変なんだと思われます。宮内庁のコントロールができていないということでもありますが、正直今の日本社会では会社含めてストレスマネージメント、メンタルヘルス管理なんてほとんどできていませんからね。

PTSDは実はベトナム戦争帰還兵から出てきた病名です。眞子さまのストレスは戦争並みということなんでしょう。

コロナの緊急事態宣言も解除されたのだから、国民みんなのストレスも少しは緩むでしょうから、祝福までしなくてもいいから、2人をそっとしてあげてほしいものです。


「中村ゆきつぐのブログ」より転載
http://blog.livedoor.jp/dannapapa/
1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。