«
»

核戦力増強進める中国 米、対中スパイ活動強化へ

ビル・ガーツ氏

 米国防情報局(DIA)のベリエ局長は、中国がロシアの核戦力に追随するかたちで、核兵器の増強を急速に進めており、情報機関内で中国に対抗するための体制の整備が進められていることを明らかにした。

 ベリエ氏は軍需企業の業界団体主催の会合で、「ロシアの核のトライアド(ミサイル、爆撃機、潜水艦の3本柱)は信頼性が高く、効果的で大変な脅威だ。中国は、このトライアドを整備することを目指している」と強調。中国の核開発が現在の最大の懸念材料だと訴えた。

 ベリエ氏は、中国の習近平国家主席が、①中国共産党と人民解放軍(PLA)の指導者らへの締め付け②巨大経済圏構想「一帯一路」による経済力の強化③軍事力の増強という3本柱の戦略を進めていると指摘、国内を引き締めるとともに、経済力、軍事力の強化に乗り出していると指摘した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。