«
»

東京五輪でオールドメディアが見せる「手のひら返し」

 東京五輪が大変に盛り上がりを見せています。嬉しいのは金メダルの数もさることながら、日本選手の多くは、勝っても負けても清々しい態度を維持していることです。コロナ禍での無観客という逆境を乗り越え、是非、選手の皆さまには最大限、実力を出していただきたいと思う次第です。こうしたなか、本稿では最近目についたいくつかの記事を、メモ的に紹介しておきたいと思います。


メディアの世論誘導と東京五輪

 『おもてなしとフェアプレイ、五輪大成功こそ最大の反撃』を含め、以前から当ウェブサイトで指摘してきたとおり、五輪開幕直前、新聞、テレビといったマスメディア(あるいは「オールドメディア」)の雰囲気は、基本的に五輪に対して非常にネガティブでした。

 たとえば、「日本を代表する言論機関」だと騙る某大手新聞社などは、「公式スポンサー」でありながら、社説では五輪中止を求め、高校野球を強行するとの姿勢を示した、という椿事まで発生しました(『「五輪はダメだが高校野球はOK」の首尾一貫性のなさ』等参照)。

 こうしたダブルスタンダードは極端な事例だとしても、オールドメディアは繰り返し、世論調査で五輪中止を誘導しました(※といっても、『メディアが世論調査で設問を「微妙に」変える理由とは』などでも指摘したとおり、メディアが世論を誘導するために、設問項目を巧妙に変えるのは、今に始まったことではありませんが…)。

 しかし、メディアの「妨害」(※敢えて「妨害」と言わせていただきます)にも関わらず、結果的に東京五輪は開幕し、そして現在、日本は空前の「メダルラッシュ」に沸いています。

 東京五輪公式ウェブサイトの『メダル順位』によると、現時点で日本のメダル獲得数は、米国、中国に次いで3番目であり、しかも金メダル数に限定すれば13個で日米中3ヵ国が並んでいるという状況にあります。

 いちおう、日本選手団が目標に掲げているのは、「金メダル数30個」、「大会3位」だそうですが、個人的には金メダルの数もさることながら、日本の多くの選手が今のところフェアプレイに徹し、勝っても負けてもきちんとコメントしている点を、非常に嬉しく感じています。

窪田順生氏「一流ジャーナリズム機関」、皮肉ですか?

 ただ、五輪が盛り上がっていると見るや、とたんに「手のひら返し」をするのも、またオールドメディアの特徴でしょう。

 これについて、ノンフィクションライターの窪田順生氏が本日、ウェブ評論サイト『ダイヤモンドオンライン』にこんな記事を寄稿されています。

「メダルラッシュで日本の世論はコロッと変わる」という予言が的中した理由


―――2021.7.29 4:40付 ダイヤモンドオンラインより

 興味を引くのは、記事タイトルにある「日本の世論はコロッと変わる」という表現です。

 ただ、これも窪田氏の記事を拝読したうえで、敢えて窪田氏のいわんとするところを当ウェブサイトなりに噛み砕くならば、「コロッと変わ」ったのは、「日本の世論」ではなく、「オールドメディアの報道姿勢」ではないか、という気がしてなりません。

 その意味では、若干「タイトルに偽りあり」、といったところですが、だからといってリンク先記事に書かれている内容がおかしい、という意味ではありません(といっても、個人的にはこの記事の内容に全面的に同意するつもりはありませんが…)。

 詳細な内容についてはリンク先を直接お読みいただきたいのですが、ここでは、当ウェブサイトのこれまでの議論とも非常に整合していると思しき記述を紹介しておきましょう。

「忘れている人も多いだろうが、ちょっと前までマスコミの多くは五輪開催に反対していた。日本を代表する一流ジャーナリズム機関『朝日新聞』は社説で『夏の東京五輪 中止の決断を首相に求める』(5月26日)と表明し、ワイドショーでも、立派な専門家・評論家の皆さんが『こんな時期に五輪なんて国民の命を犠牲している』と唇を震わせて怒っていた。」

 オールドメディア、ジャーナリスト、メディア御用達のコメンテーターの皆さんは、ほんのちょっと前までご自身が何を主張していたのかを忘れてしまっているように見受けられる、という意味では、まったくそのとおりでしょう。
 (※なお、余談ですが、普段の窪田氏の論調から判断して、「日本を代表する一流ジャーナリズム機関」「立派な専門家・評論家の皆さん」という表現自体、窪田氏の本心ではなく、どちらかといえば日本の「ジャーナリズム」全体に対する皮肉がたっぷり込められているように思えるのは、気のせいでしょうか。)

決めつけは良くないが…

 こうしたなか、少しだけ気になる情報を紹介しておきましょう。

 ツイッターなどで、「特定の国のテレビクルーが日本選手に対し、試合を妨害しようとしたのではないか」、といったうわさも出ているからです。

 最初はツイッターなどで拡散していた情報が、28日の卓球女子シングルス準々決勝で、韓国人選手と対戦していた伊藤美誠選手が審判に対し、「テレビクルーのライトがまぶし過ぎる」と申し立てた、という出来事です。これについては夕刊フジ系のウェブメディア『zakzak』も取り上げています。

 そして、このクルーのライトを巡っては、「特定国のメディアがわざと日本選手に対する妨害行為をした」、などとする情報が拡散しているようですが、「拡散」している動画や画像などから、該当するテレビ局の国籍や意図を特定するだけの手掛かりはありません。

 したがって、これについては現時点で「特定国が日本選手を妨害しようとした」とまで決めつけるのは、いかがなものかとは思います。とりあえず本件については安易な「決めつけ」をしない方が良いでしょう。

 念のため、注意喚起まで。


「新宿会計士の政治経済評論」より転載
https://shinjukuacc.com/20210729-04/

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。